ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 『昭和』っぽい。。。 | トップページ | 福岡県庁に行きました »

こんなパフォーマンスできますか?

こんにちは。 イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長の大崎 知美です。

ウォルマートの創業者、サム・ウォルトンですが、世界的に注目されるようになってからも、自家用ジェットでウォールマートの店舗めぐりをいつもしていたようです。

がんで亡くなる直前に家族以外の人で最後に会話をしたのは、入院先の病院の近くのウォルマートの店長だったそうです。 本当に小売業を愛した人ですね。

普通は創業者の店舗めぐりと言えば、例え自由の国アメリカであってもそれは主要幹部を引き連れた大名行列のようなものです。

でもサム(・ウォルトン)はパートさんにでも誰にでもフランクに接していたようです。

そんな、サムは店舗めぐりの際にも店のフロア(床)にべたっと座って、

「この店の清掃スタッフは世界一だ。 床だってとってもきれいだから、直接座ってもいいくらいなんだ。 さぁ、みんなも座ってごらん。 どうだい、きれいだろう?」

と言って、パートさんやらお店のスタッフも床に直接座らせて、みんなで輪になって、ウォルマートの事、みんなが幸せに働いているかどうか、語り合ったそうです。

この店の清掃スタッフは、どんなに誇らしかったか、嬉しかったか。。。

こんなモチベーションの上げ方は、計算ずくのパフォーマンスだったとしてもなかなか出来ることではありません。 さすがです。

計算ゼロとも言いませんが、多分、こういう行動が自然と出てしまう人。

自民党の総裁選の直前だけ、田んぼに入って田植えをしたりする総裁候補者のような媚びたわざとらしさはなく、自然だからスタッフはウォルマートが大好きになったのでしょう。

一方では自他共に認める「ケチ」で、コストの削減、サプライヤーとの交渉では、徹底的にいい条件を引き出したようです。

コスト削減も店舗の運営も、小さな事の積み重ね、1個1ドルもしない商品でもひとつひとつ積み重ねてそのトータルが売り上げ世界一の企業になるのです。ひとつひとつの店舗がしっかり売り上げを出しているか、お客様に満足いただける接客をしているか、何万人もいるスタッフのひとりひとりが自分のポジションでベストを尽くしているか、不満を持ってなげやりに働いていないかどうか、サムの「Think Small.」そのものですね。

管理職のマニュアル本に「ほめて育てる」という言葉がありますが、「ほめて」と言うと田植えをしている自民党総裁候補みたいに媚がありますので、「誇りを感じさせる」ように心がけるとうまくいくのかも知れません。

小さな世界でも、人の嫌がるような仕事でも、胸を張って誇りを持って生きている、ってすばらしい事ですよね。

« 『昭和』っぽい。。。 | トップページ | 福岡県庁に行きました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなパフォーマンスできますか?:

« 『昭和』っぽい。。。 | トップページ | 福岡県庁に行きました »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ