ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

秋の運動会と最近のご時勢

こんにちは。 イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長の大崎 知美です。

昨日の日曜日は娘の小学校の運動会でした。

練習段階から小耳に挟んでいた話ですが、小学校の近くのマンションの住人が運動会の練習の音がうるさいとクレームをつけ、今年は近隣を気にしながらの練習だったとか。

マイクの指導の声や、音楽がどのくらいのデシベルか解りませんが、学校の時間割の都合上、最悪でも 月~金 9:00-16:00 の約1ヶ月弱の事で、深夜や早朝、週末に大騒ぎしているわけでもあるまいに、、、。 本当に世知辛い世の中になりました。

「うるさいなぁ、、、」と思う所までは理解できても、小学校にクレームするのは、ちょっとヒステリックでは。。。、と思ってしまいます。 小学校の近くに入居する時点で、音について多少の覚悟はするべきではないかと逆に思います。

そして、私が聞いた都市部の小学校では、みんなで手をつないでかけっこをするのだそうです。 生徒に優劣をつけないために。

親も「見ていて楽しくない」と言っていました。 早くても遅くても転んでも、どうせなら本気で頑張る子供を見たいものです。 うちは田舎の小学校なので、騎馬戦もあるし、チームごとに走るのが速い子ばっかり寄せ集めて、「ブロック対抗リレー」もあるし、うちの娘は走るのは遅いので当然選ばれないけど、めちゃ早い他人の子供を他の父兄もみんな応援するし、「あの子、超速ぇ~!」といった声があちこちから聞こえ、ある意味一番盛り上がります。

学校の行事も、ある程度おおらかに見守ってあげられたら、、、と思います。

NHKの視聴率が民法を抜いて1位

こんにちは。 イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長の大崎 知美です。

--(mixiニュース抜粋)-----------

NHKが今年度上半期のゴールデンタイム(午後7時~同10時)平均視聴率(関東地区)で、民放キー局を抜いて1位になることが確実になった。NHKといえば、まじめで堅苦しい番組が多く、エンターテインメント性の高い民放に視聴率で上回ることなど想像できなかったはずだったが…。
--(以下略)------------------------

ですが、なんとなく納得。民放は似たようなバラエティばっかりでつまらないですよね。

おバカタレントやインテリ芸人、、、どっちでもいいや、って感じです。

私はテレビをほとんどみないので、テレビの感想なんて言えないのですが、そういえば「篤姫」だけは欠かさず見ています。 やはり民放のドラマより面白い。

映像的なものはパソコンでYou Tubeを見ることが多いです。

衛星放送や、多チャンネル放送に加入していないので、CNNやBBCのドキュメンタリーなどがYou Tubeなら見られるからです。 

昨夜までシリーズもので、(なんかアメリカのドキュメンタリー番組っぽい)東欧の女性の人身売買の番組を見てしまいました。 ウクライナあたりの女性を欧州の工場やダンサー勤務とだまして連れ去り、例によって性奴隷にするというありがちな話。 

妊娠した妻が出稼ぎとだまされて売り飛ばされて、その行方を追う夫を軸に人身売買を掘り下げていくドキュメンタリーです。

その番組では一旦トルコ(国名)に連れて行って、そこで女性の取引をしていました。 雇い主にはむかったり、お客を満足させられないと、他所に転売されたり(多分さらに最悪な所に)、死が待っていたり。 また、女性を救う捜索の手が伸びるとやはり転売、転売。

転売先の警察もやはりそういったサービスの提供を受けていたり、組織が警察とつるんでいたりして、警察に逃げ込んだ女性を警察が組織に連れ戻したり(おいおい!)。

妊娠妻はなんとか取り返せたものの、赤ちゃんはダメになっていて、かなり目つきが変わっていました。 もう一生トラウマです。 ようやくつかまった売人も裁判では相当ゆるい執行猶予をつけられていました。

ありがちなんだけれども現代においてやはりこんな事が行われているんだ~と思うと心にズシっとくるものがあり、日本に生まれたありがたさをかみしめます。

政治が悪い、総理大臣が投げ出したなど、日本もニュースには事欠きませんが、日本は全体的にとても平和ですね。

番組内で、やたらと「traffic」「trafficer」という単語が飛び交いますが、これは「交通」の意味ではなく「(不正な)取引」「売人」の意味で使われているようです。

民放も、あまりいい番組を作らないなら、海外のシリアスドキュメンタリーを買って流す事はできないのでしょうかね。

 

ドッグトルソー

こんにちは。 イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長の大崎 知美です。

ドッグウェアの販売を始め、ドッグトルソーというものの存在を知りました。

これです。

Dsc00107_2 

コレに着せるとイメージがずっと良くなるので、欲しかったのですが、想像通り高い。

そしてこれは中国製オーダーメイドのトルソーです。 メーカーさんがタダで作ってくれました。

例によって、

私:「いくらですか?お金払いますよ。」というのに

中国:「いやいや、僕達パートナーだからそういう細かい事は気にしなさんな。」と言われ、

やれメラミンだメダミドホスだとメディアで騒がれる悪名高き「中国製」と、Dobazのギャップがあまりに大きく、「う~ん。。。」とうなってしまうのでした。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ