ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« ベトナムのインスタントコーヒーです。 | トップページ | 社長はいない方がうまくいく!? »

巣立ちの最終段階

いよいよ受験シーズンとなりました。

娘の中学校でも推薦入試(専願入試)の人たちには既に合否の結果が出ています。

来週の金曜日、2/3は娘の私立高校の入学試験です。

今まで電車に一人で乗った経験がない娘は、今回の入学試験を受けるのに初めて一人で電車に乗る事になりました。

今日はその練習で、娘と二人で高校まで電車で行ってみました。

私は何も言わず、切符を買うところから乗換えや何番ホームに行ったらいいのか、ずっと娘が自分で探して、私はそれに付いて行きました。

こういう時間を一緒に過ごすことも最初で最後です。

どの高校に行くことになるかは直前にならないと解らないですが、でも4月からは確実に娘は高校生になります。

これからは一人で毎日電車通学して、精神的にも親が必要でなくなってくると思うと、もう子供を育てる責任も最終段階に入ってきたなぁと思います。

これから私の仕事もどうなるかはわかりませんが、現時点では一応私にも大学まではお金の心配をさせることないくらいの蓄えがあって、守ってあげられそうなことにホッとしています。

まぁ、でもお金がないならないで奨学金もあるし、もう本当に親として力になれることはあまりないかも知れません。

29歳から一人で子供を育ててきていて、今振り返ると本当に。。。。

大変だったなぁと思います。

「クレイマークレイマー」「アイアムサム」「ステラ」系の映画を見るといつでもボロボロ号泣してしまいますが、本当に片親で子供を育てていくことは、経験した人でないと苦労がわからないし、ある意味恐ろしい足枷です。

これは日本の社会がどうだとか世の中の制度が不十分とかでは全然なくて、自然界でも動物の世界でも片親で育ててOKな動物(キタキツネとか)もいれば、ペンギンやライオンみたいにオスとメスが役割分担して子育てする動物もいて、人間については、非常に未熟な状態で赤ちゃんが産まれるので出産後2~3年くらいはどうしても女性は男性(赤ちゃんの父親)に庇護されないとやっていくのが厳しい、というだけです。

なので、この時期、男性に庇護されていない母子は当然厳しい生活を強いられる。子供に手がかかるが同時に生活費も稼がないといけないという。 それだけの事です。 

でも、ずっと仕事に没頭して、子供も持たない生活は私にはちょっと合わないので、私は早くから苦労をしましたけど、今は別に良かったなぁと思っています。40代半ばで子育て完了の予定。

今は全然不自由なくなりましたしね。

今頃になって、子供を抱えて離婚して長年主婦をしていたのでとりあえず仕事がないという人も多い中、私はさっさと男性に庇護してもらう生活を見切って自分の足場を固めたのは本当によかったと思う。

子供がいて良かったというのは、年取った時寂しくないのと違って、世代は違うけど一生付き合うであろう仲間がいる感じです。 自由に生きていって欲しい。

かなり放任主義。

うちの子供は本当に才能豊かに素直に育っています。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 大崎 知美

« ベトナムのインスタントコーヒーです。 | トップページ | 社長はいない方がうまくいく!? »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巣立ちの最終段階:

« ベトナムのインスタントコーヒーです。 | トップページ | 社長はいない方がうまくいく!? »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ