ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 手打ちうどんを作った! | トップページ | ホテルの朝食についてのあれこれ »

「うさぎとカメ」 カメは水泳に持ち込めれば勝てる!

ある有名な経営者の本を読んでいて、この言葉が書いてありました。
思わず笑ってしまいましたが、同時にさすがだなぁ~、と感心しました。


「うさぎとカメ」は日本人なら誰でも知っている昔話です。

うさぎとカメがお山のてっぺんまでかけっこで競争する話です。

カメはゆっくりしか歩けませんからゆっくりゆっくりと歩きます。

一方、うさぎはかけっこは大得意なので、ぴょんぴょん飛び跳ねながらあっという間にはるか先のほうまで行ってしまいます。

勝利を確信したうさぎはかけっこの途中で一休み。お昼寝をしてしまいます。

カメはゆっくりとですが、休まずさぼらず、歩き続けます。

うさぎが昼寝から目覚めると、カメはいつの間にかうさぎを追い越し、ゴールまであとわずかのところまで行っています。

あせったウサギは猛ダッシュで追いかけますが、時すでに遅し。

この勝負はカメが勝ちます。

という昔話で、この話は一般的には

ゆっくりコツコツとでも頑張って努力することが大事、とか

あるいはうさぎ目線で、勝負は決して油断してはいけない、とかいう教えを含んだ話として有名です。

私自身、この昔話は「努力は人を裏切らない」という事を言っているんだと思ってきました。

カメは水泳に持ち込めれば勝てる!

、という理論は非常に斬新ですが、非常に正しいです。

同時に、かけっこ勝負になった時点でカメは負けなのだとも書いてありました。

経営者はこういう事をぱっと思いつかなければいけないなぁと思いました。

つまり、自分の長所短所を把握して、勝てるフィールド、勝てるルールを選んで勝負しなければダメということ。

そうですよね、うさぎとカメなら、私達陸上で生活しているイメージなら、うさぎが機敏でカメはのろまと思いますが、

視点を変えて水泳勝負なら確かにカメは本気だすとすごいスピードで泳ぎます。
水泳ならば、うさぎなんか目じゃありません。

ペンギンと同じく泳ぐ弾丸のようです。(ウミガメの場合時速20kmくらいと言う。)

ましてやカメのようにコツコツ手を抜かない性格なら100回勝負して100回とも楽々と勝つでしょう。

今自分の前にある仕事が、カメ(自分)にとってのかけっこなのか、水泳なのか。

かけっこで勝つことを考えるより、どうやったら水泳に持ち込めるかを先に考えるほうがはるかに大事です。

経営者がここをわかっていないとスタッフさんたちとともに無駄な苦労をすることになる。

その柔軟な発想力はいつも持っていないといけないと思います。

今日はすごく勉強になったなぁ・・・。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« 手打ちうどんを作った! | トップページ | ホテルの朝食についてのあれこれ »

会社経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「うさぎとカメ」 カメは水泳に持ち込めれば勝てる!:

« 手打ちうどんを作った! | トップページ | ホテルの朝食についてのあれこれ »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ