ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 映画「ひまわりと子犬の7日間」を見て ペット用IDタグを是非付けてください! | トップページ | 便利な世の中だからこそゆとりや感動が減る!? »

夫婦別姓と親子別姓について

4月を境に離婚後も13年間も使ってしまった婚姻時の姓を産まれた時の苗字に戻しました。

自分でも少しずつ慣れてきました。

通常、離婚の時には旧姓(結婚前の姓)に戻すというのが現在の日本のルールです。
しかし、子供の名前の事情など諸々あって婚姻時の姓を引き続き名乗りたいという人は
離婚時にこの手続きをして婚姻時の姓を使う事が出来ます。

しかしそれを「やっぱり旧姓に戻す」事となると家庭裁判所に申し立てをして許可を得ないと変更することが出来ません。

インターネットで見ると最長11年間婚姻時の姓を名乗っていた人が許可されたというのがあり、

私ゃ13年も使ってしまったよ、許可下りなかったらどうしよう、とほほ・・・。

とか思いながら家庭裁判所で手続きをしました。

やはり「13年間使ってるじゃん!もうこのままでいいっしょ!?」的な結論も事もありうる
と言われ、胸に石ころを詰められた気分でしたが、結果はなんとか許可が下りました。

あぁ、よかった。

そもそも現在4組に1組の夫婦が離婚すると言われていて、離婚者同士の再婚なんかも多い中で、

もう夫婦別姓導入したらどうよ!? と思います。

さらに子供は母親が引き取る事例が大半であることから夫婦別姓夫婦に生まれた子供は
とりあえず妻の苗字に入れとけばいいと思います。確率論的に。

これでかなり事務手続きが簡単になり、家庭裁判所は楽になります。

それと、母親が引き取った子供が急に苗字が変わるっていう学校での悲劇が減りますね。

子供は悪くないのに、周囲が呼びなれた苗字が変わることになって、

「あの子の家は離婚したんだ」

とバレバレな状態になってかわいそうや、というねん。

そんでも子供は周りが慣れてくれるまでのしばらくの間歯を食いしばって耐えるのですね。

国会でも微妙に反対派が多く、今は財政問題や震災からの復興やらで話自体がとん挫していますが、仮に導入しても「選択制夫婦別姓」でしょうからまあ別姓夫婦は少数派になろうかと思います。

現在夫婦の98%が夫方の姓になるそうですが、選択制が導入されたところで数%しか違わないと思います。

その理由は主に2つ:

1.結婚時は配偶者を愛しているので配偶者の苗字に同化することに喜びすら感じていそう。
 そしてその愛は一生続くと思い込んでしまっている。

2.嫁候補の人間が「別姓がいい」などとほざこうものなら、絶対に両家の間でもめる。
 結婚したくば、我が家の苗字になりなさいと説得されて、若い娘は破談になるくらいならばと抵抗するすべもない。

だいたい人間は勝手なもので私も立場が変われば全く考え方が違うと思う。

自分が夫側の親族でしたら、嫁いで来る人が「別姓がいい」とほざいたら「ふざけるな!そんなジコチューの嫁はやめておけ。」と思うはずです。

、と理由を書いてみましたけれど、私個人は再び結婚する可能性は0%なので、

婚姻時のルールが夫婦別姓でもどちかの姓に統一でもどうでもいい。

あ~幸せ。

しかし親子別姓というのはもっと浸透してほしいですね。

離婚する→子供は母親が引き取る→子供も苗字変わる

というのをなしにして、

子供は母親が引き取って、自分の戸籍に入れるが、子供に限っては父親の苗字を引き続き正式な姓として使ってよい。
(例えば15歳まで、後は自分で判断せよ、とか)

子供がお父ちゃんの苗字なんかやだ!と言えばさっさと変えればよい。

という事になればいいと思います。

そんで姓の問題については、子供が例えば離婚の事をお友達に知られたくないとかいう
ちょっとした理由でも(いや、でもこれは子供にとっては自分のプライドに関わる
重要問題)、離婚前の姓を名乗ることを法的にあっさり認めてほしい。

これがなければ、離婚時も婚姻時の姓を使う事を決意するお母さんなんてほとんど
いなくなるんじゃないかと思う。

多分みんな子供を好奇の目にさらさないよう、離婚だけでも子供にはショックなのに
これ以上のダメージはいかん!

と思って、子供の苗字を変えないために婚姻時の姓を選ぶんじゃなかろうかと思います。

自分の大事なIDを捨ててまでもね。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« 映画「ひまわりと子犬の7日間」を見て ペット用IDタグを是非付けてください! | トップページ | 便利な世の中だからこそゆとりや感動が減る!? »

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

選択的夫婦別姓の導入については、まったくおっしゃるとおりだと思います。すぐにでも導入すべきですね。反対している人は想像力に欠ける石器時代人か、オカルト信者なのでしょう。だいたい他人の家族のありかたに口を出すなんて何様?ってかんじですよね。

それはともかく、離婚時の子供の名前だけ変えないことは今でも可能ですよ。
離婚した際に、母親の姓は変えても、戸籍に入籍させなければ、子供の姓はそのままです。

戸籍を一緒にしたいけど、別姓にしたい、となるとまた別ですけど、別に戸籍は異なっても親権や扶養に関しては問題ありません。(親権と名前は別です。よく事実婚とかでも、名前をとるか親権をとるかを公平にわける、なんてことをする事実婚夫婦もいます)


とおりすがりさん、

コメントをありがとうございました!

親子別姓ですが、うちも今回私が旧姓に戻したことで別姓親子になりました。

子供は私の離婚とは関係なく、ずっと父側の戸籍にいるのですが、このことは
子ども自身が将来決めればいいと思ってあえて自分の戸籍に入れませんでした。

なので私が婚姻時の姓を使い続けたのです。

これからも子供の学校がらみではよほどの事がなければ旧姓を通称で使う
つもりです ^ ^。

苗字の件は自分のアンデンティティの問題もあるけどとにかく事務手続きが大変ですね。
免許証から銀行から、何から何まで変更していくのが。

主に女性側の負担なので男性にはぴんと来ないかも。

再婚離婚を繰り返す方はこの作業だけでも大変だろうと思います。

イーコレ 一ノ瀬

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦別姓と親子別姓について:

« 映画「ひまわりと子犬の7日間」を見て ペット用IDタグを是非付けてください! | トップページ | 便利な世の中だからこそゆとりや感動が減る!? »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ