ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« レジ袋とレジ係りさん | トップページ | チームワークとは? »

年収3千万円を捨てた男!

最近娘との会話で進路の話がちらほら。

「やっぱり将来就く職業って、今得意な科目に関連したものが多いよね。
私は国際関係とか縁がないなぁ(英語が不得意なので)・・。」

という子供に、

「そんなことないよ!今からでも頑張ってインターナショナルに活躍しようよ!」

と励ましたところ、

「インターナショナルといえば、私、最近尊敬する人がおるっちゃん!」

「え?誰?イモト??」

「はぁ?・・・もうそんな次元じゃないし。」

、イモトというのは思いっきり子供目線に合わせたつもりでしたが視点を下げすぎたようです。
そうとう恥ずかしい。。。

しばらくパソコンで尊敬する人とやらを検索する娘。

「あ~、この人!「ロシナンテス」の川原さん。」

この段階でも、どっかのお笑い芸人なんじゃないかと心のどこかで子ども扱いしつつ、娘が開いたホームページを閲覧。

川原さんのホームページを読んで、自分の子供が思った以上にまともすぎに育っていることにこっそり感激。

母子家庭の育児でも、ほったらかしでもいい子が育つよ、って事例ですね。

ロシナンテスはスーダンで活動する日本の医師団。

代表の川原さんというのは、福岡の出身で九大の医学部を卒業後、外務省で大使館付きの医師としてスーダンに駐在。

医療の手の行きとどかないスーダンの現状に、外務省を退職し、現地で「ロシナンテス」という医療団を立ち上げる。

と、そういう人です。

「ロシナンテス」というのはドンキホーテの馬「ロシナンテ」。
痩せ馬のロシナンテでもたくさん集まれば何かできるという気持ちが名前の由来だそうです。

外務省時代の年収は3千万円だったらしい。地位も名誉も申し分なかったでしょう。

ロシナンテスのホームページはこちら。

http://www.rocinantes.org/

Top_banner


川原先生が北九州の出身であることから北九州にロシナンテスの事務局があるそうで、やはり川原さんを尊敬する娘の高校の先生が事務局にお邪魔したところ、

「ロシナンテス」という立派な団体にそぐわないほど、こじんまりとした所だったそうで自動車整備工場みたいなところの片隅にちょびっとあったそうです。

それで「もっと立派な事務所かと思っていました。」と娘の先生が言ってしまったところ、

「事務所なんてどうでもいい。そんなお金があるならスーダンの支援に回したい。」
と言われたそうです。

話は変わりますが、

「立派な事務所」というキーワードで、とても記憶に残っていることがあります。

1年半ほど前のある経営者のための研修で「将来の夢を絵に書きましょう。」という時間がありました。

研修前にその題材は知らされていないので、みんな考えてきたことではなくて潜在的に思っていたことが絵になったと思います。

受講者全員が「社長」というその研修で、

将来の夢に「立派な社屋(自社ビル)」と「年に数回の海外への旅行(豪遊)」を書いた人が結構多かった。

経営の目標は人それぞれ。お金の使い道も人それぞれ。

それがその社長の目標であり夢ならそれでいいと思います。

立派であるべきなのは社長の意志か、自社ビルか。

立派な自社ビルの中で笑顔で笑っているのは社長(経営者一族)なのか、従業員なのか、お客様なのか。

大事なのは立派な自社ビルを作る事なのか、人が喜んだり誰かの役に立つ商品やサービスを提供することなのか。

非常に違和感を覚えた時間だったので脳に刷り込まれてしまいました。

たまに潜在意識だけで絵をかいてみると自分の心が見えてくるかも知れませんね。

話戻って、「ロシナンテス」の川原医師は大変立派だと思います。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« レジ袋とレジ係りさん | トップページ | チームワークとは? »

会社経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年収3千万円を捨てた男!:

« レジ袋とレジ係りさん | トップページ | チームワークとは? »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ