ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 生きていくのに一番大事なもの | トップページ | レジ袋とレジ係りさん »

「くるみをなんとかせねば!」料理

冬に購入したくるみ1kgというのがありまして、賞味期限は今年の11月までOKなんですけど、悪くなったら心配なのでずっと冷凍庫保存していました。

パンを焼くときに混ぜたり、クッキーを焼いたりして時々使ってはいましたが、パンにしてもお菓子にしても「くるみ 30g」とか「50g」とか、1kg入りなので全然減りません。。。

そうこうしているうちに夏になり、アイスなどを冷凍したいなぁ、と言うときにもう冷凍庫がパンパン。全く隙間がなく、このくるみがだんだん冷凍庫の中で邪魔者になってきました。

いっそ冷凍庫を買えばいいのですが、私の性格上冷凍庫を買ったらますます食品の買いだめ→冷凍保存が加速してしまうことは明白。

大きな倉庫を持ったらますます無用な在庫が増えるのと同じ事で、この限られたスペースを有効活用することが重要なんだ~!と「なんだか会社経営と冷凍庫の運営は似ているなぁ。」なんて思いながら、くるみを使い切る方向です。

問題点はパンにしろクッキーにしろ、すぐ食べる分以外はまた冷凍してしまうので、冷凍庫にせっかく使ったくるみの何倍ものスペースが必要となってしまい、これは逆効果です。

なのでくるみだけを消費する方法。(←しかも簡単に出来る点が私の料理の特徴)

■くるみのローストシーズニング

くるみ 100g 
家にあるシーズニング 適当 (うちではクレイジーソルトとガーリックシーズニングを併用・単純に「塩」だけでもいいです。)

160度に熱したオーブンにオーブンシートを敷いてくるみを広げて10分焼く。
焼けたら冷まして食品保存容器に入れて、シーズニングを多めに振りかけて
シェイク。

テーブルに置いておくと自分と娘がいつの間にか完食しています。

あまりに簡単なので写真もないです。

■くるみ味噌

くるみ 100g
味噌 大さじ2
さとう 大さじ3
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
ごま 適量

1.くるみを細かく刻む
2.フライパンでロースト。皿に移す
3.フライパンを洗って調味料を全部混ぜたのを弱火で混ぜる
4.調味料がよく混ざって沸騰したらくるみを入れて軽く煮て完成。

20130616_113644

ご飯に載せて、きゅうりに載せて、冷奴に載せて、温野菜に載せて美味しいです。
ポークソテーやチキンソテーのたれにもなります。

■マシュマロくるみ

くるみ 70g
マシュマロ 60g
バター 20g
豆乳(牛乳) 大さじ2

1.くるみをトースターかフライパンでロースト
2.フライパンにバター、豆乳、マシュマロを加えて弱火で液状になるまでよく混ぜる。
3.火を止めくるみを入れて混ぜる。
4.オーブンシートなどに広げて冷蔵庫で冷ます。

20130616_113705

写真がいまいちですが、これはめっちゃうまいです!!!

マシュマロの量は半分くらいに減らしてもOK。その場合はバターと豆乳(牛乳)も半量で。

私はマシュマロ多めが好きなので解けたマシュマロにくるみが点在しているようになっていますが、マシュマロを減らすとくるみ1つ1つにマシュマロが絡む感じになります。

だまされたと思って是非お試しください!

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« 生きていくのに一番大事なもの | トップページ | レジ袋とレジ係りさん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「くるみをなんとかせねば!」料理:

« 生きていくのに一番大事なもの | トップページ | レジ袋とレジ係りさん »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ