ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 年収3千万円を捨てた男! | トップページ | 保険関係の見直し中 »

チームワークとは?

チームワークと言うと、みんな仲良く円満に協力して、という意味合いが日本では強くあるように思う。

しかし、それには一定の前提条件が必要だと思う。

メンバーの全員に一定水準以上のスキルとコミュニケーション能力があること。これはチームワークをなすための絶対条件だと思う。

スキルは長所短所それぞれあってよい。各自の長短が何人かのスタッフで補い合える状況であり、お互いにその人の長所を尊敬できる関係であればベスト。

語学が堪能。社交的。営業向き。細部に気がつく。簿記が解る。作業が早い。判断力がある。お客様への対応が丁寧。などなど。

そういういい部分部分がからみ合って、各自がきっちり得意分野(任された役割を果たす)で力を発揮できてこそ、初めてチームワークというものが機能する。

一人ひとりがスーパーマンである必要はなく、各自の長所がうまくからめば、スーパー組織は作れると信じる。
各自がきっちりと役目を果たすスーパー組織こそチームワークが機能していると呼べる。

チームワークは能力の低い人をかばい補うためのものではなく、そのように誤解すると、組織は崩壊へ向かうのではないかと思う。

スポーツに例えると、6人競技のバレー。

攻撃に強い人、サーブが上手い人、どんな玉でも根性で拾う人、職人技のトスを上げる人・・・。

6人のうちの1人でもその役割を果たせない人がいたら、その1人に足を引っ張られて5人で戦う以上に大変になる。
5人にのしかかるストレスと負担はハンパない。

もっと少ないとテニスのダブルス。

攻めが上手、拾うのが上手の組み合わせでもいいし、2人とも粘って拾うタイプでも、2人とも攻撃タイプでもいいと思う。

でも2人のうち、1人がダメダメだったら、もう一人は孤軍奮闘コートを駆けずり回ることになる。
結果は言わずもがな。戦う以前の問題。

可哀想なのは、ダメダメな人なのか、ダメダメと組まされたもう一人なのか?

テニスのゲームなら、ダメダメと組まされたもう一人に同情が集まると思う。

舞台が会社となると、ダメな人を可哀想だと思う風潮があるように思う。
ダメな人をちゃんと教えて育てない会社が悪い、経営者が悪いと。

経営者はどのように批判されても、いいスタッフをダメダメな人の尻拭いから守らなくてはいけない。

一人ひとり個性の異なるメンバーが、共通の目標に向かって、各自の特技を全員が認めてカチッとセットされたとき、初めてチームワークというものがスタートする。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« 年収3千万円を捨てた男! | トップページ | 保険関係の見直し中 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チームワークとは?:

« 年収3千万円を捨てた男! | トップページ | 保険関係の見直し中 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ