ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

飼ってくれる人間のいない動物には不幸な世の中

人間が生きていくのにも最近殺伐として世知辛い世の中ですが、
いわんや飼ってくれる人間のいない動物をや!?
ですね。
元々動物は人間の所有物ではなく自由に生きていたはずですが、この日本で生き抜いていこうと思ったら「人間に飼われる」以外の方法というのはいばらの道なのかもしれません。
人間が自分たちの日々をより安全により衛生的により健康にするために、飼い主のいない犬猫は毎日沢山、罪もないのに殺されています。
水族館に飼われた鯨やイルカも賢いので自分の運命を悟っていて、もう広い海で自由に泳ぐことは出来なくて芸をやって生きていくしかないのだと解って生きているそうです。
それを見て笑って喜んでいる人間。人間の娯楽のために一生の自由を縛られる曲芸動物
・・・考えるとせつないですね。
先週末、捨て猫の譲渡会に行って来ました。
Cat
こんな感じで一匹または数匹が同じケージで、プロフィールやだいたいの年齢などの情報と共に引き取り手を待っています。
子供が通学途中の駅で、この譲渡会のチラシを見て、見に行こうという話になり、
行く前は、「一生育てるのは責任が持てないから見るだけね。」
と言いながら、見ていると
「1匹だけでもなんとか出来ないかな・・・。」という気持ちになります。
これが保健所主宰だったら(引き取らなければ数日以内に処分)、多分無理しても1匹引き取っていた自信がありますが、
実はこういう捨て猫の飼い主が見つかるまで飼ってくれているボランティアの人たちがいて、今すぐ引き取らなくてもこの猫たちは大事にされているというのもあり、譲渡を受けませんでした。
今は親子ともども仕事の帰りも遅いので、お世話できないという事情もあります。
動物の殺処分というのは、必要悪(?)かも知れませんが、なんとか避けられないものかといつも思います。

2代に渡りお世話になる患者とお医者さん

夏から、数か月に渡り膀胱炎を患っていましたが、ついに昨日時間を見つけて
病院に行くことが出来ました。

膀胱炎はトイレを我慢する環境にいる人に起こりやすい病気で、私は20代の
時に激しい腎盂炎にかかり、以降やや慢性化気味で、

今はトイレに行こうと思えばいつでもいける環境なのですが、無意識に我慢して
いるのだと思います。

自力で直そうと思って、朝からお茶を1L飲むような対策を取っています。
無理矢理でも頻繁にトイレに行く状況を作り出すとやや改善します。

、とはいえ中国に出張に行ったりすると、現地のトイレ事情などもあり
どうしても水分を控えて、長時間トイレに行かなかったりするので、
帰国後かなり腸がシクシク来ます。

嫌な事に、長年付き合っていると、だいたいの症状が自覚できるようになり、
ちょっと治ってきたなとか、こりゃ本格的にヤバイな、とか
もうすぐ腎臓まで炎症が到達するな、

と解るようになります。

でも解るようになるよりも、ちょっとでも変だとおもったら病院に行くべきだと
思います。

でも「次の土曜日に」「次の土曜日に」と思っているうちにあっという間に
3,4か月経過して、

そうこうしているうちに出張などがあり悪化して、

もういっそ平日に思い切って行こう、と思い立ちました。

私の内科のお医者さんは同じ町内で中学校の頃から見てもらっていて、
かなりご高齢ではあったのですが、

今日行ってみると、なんと先生の息子さん(と思われるお医者さん)に代替わり
していました。

マイクで呼ばれる声が恐ろしく似ているので診察室に入るまで気が付きませんでした。

私のカルテはきっちり引き継がれており、

出だしの

なんでもっと早く来んね? というセリフ

今度はもっと早く来てくださいね~。という最後のセリフ、

投与される薬もきっちり引き継がれていました。

この病院ですが、私の父のかかりつけでもあり、親子二代お医者さんと患者として
付き合っています。

町のお医者さんもいいものですね。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

夏目漱石の「こころ」をチラ読み

今朝子供を学校に送り出して、朝ごはんを食べていると国語の現代文の教科書がテーブルの上に置いてありました。

ぺらぺらとめくっていると夏目漱石の「こころ」が教材に使われていました。

教科書なのでもちろん一部分だけです。でも数十ページはあります。

夏目漱石と言えば、「坊ちゃん」「吾輩は猫である」などで知られていますが、

高校時代は太宰治に傾倒していた私から見ると、夏目漱石はあまりにも健全で、気軽に読める大衆作家、娯楽作家のように思っていて、作品もあまり読まずに好きじゃないと思っていて、

「こころ」は読んだことありませんでしたけど、

目茶苦茶面白いですね~!

「こころ」って健全純愛、人々の心のふれあいみたいに思っていたけど、

こころの醜さ、弱さ、矛盾、ねたみ、嫉妬などなど、奥様向けの昼ドラのようにドロドロしています。

自分のこころの中で様々な葛藤があり(多分誰もが葛藤したことがあるようなこと)、

そのドロドロを丹念に丹念に描いているので主人公のドキドキ感もそっくり伝わってきます。

人の心って怖いですね。

やばい、この「こころ」の描写おもしろすぎる。

でも文章もとても優雅で美しいです。

夏目漱石への先入観を見事に改めてしまった。すごい作家さんだ。

日本を代表する作家のひとりだという意味がやっとわかりました。

、とたった数分間で夏目漱石が解ったようなことを書いていますが、

朝ごはんの数分の間にすっかりのめり込んでしまって、また仕事から帰って読ませてもらおうと楽しみにしています。

ドロドロと言えば有名な文学作品はたいていドロドロしていて、

森鴎外の「舞姫」もよく考えれば主人公は身勝手でろくでなしと思うし、

芥川龍之介の「南京の基督」もうわ~って話だし、(芥川龍之介の作品に出てくるキャラは
だいたい「うわ~」ですが、)

太宰治は本人自身がうわ~っていう性格だし、

ドフトエフスキーの「罪と罰」もやたらキャラの濃い人ばかり登場します。

やはりドロドロした感情の汚泥のようなものが人間の本質なのかと思う。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

事務所の床修理

スタッフさんの座っている席の床が少し前からへこんでいました。

椅子のキャスターのところがいつも当たってしまうからだと思いますが、いったんへこんでしまうと、ますますキャスターが当たりやすくなって、ますますひどい状態になってしまいます。

中国に行く前に余裕ができたら見てあげようと言っていたので余裕はないけど修理してみました。

ちなみに修理という日本語ですが、中国語でもほぼ同じ意味発音です。
私が好きな中国語の一つ。覚えなくてもいいので。

<ビフォー>
1

2

ということで、この穴の床材をはがします。
しっかり貼りつけたのではがすのは結構大変。 粉々になってしまいながらはがします。

この床材をきれいにはがすプロセスが一番大変ですねぇ。

3

まぁまぁきれいにはがれた。さすがDIYを愛する一ノ瀬。
4

キャスターで何度もゴリゴリされてこんなんなってました。
これだと、椅子を動かすといちいちこの穴にはまってしまってうっとおしかったでしょうね。

ごめん!

5_2

穴をほぼ平らに埋めるべくパテを流し込む。

流し込むのはよいが表面をほぼまっすぐにするのが意外と難しい。

ヘラを使って念力で平らにします。

平らにきっちり埋めてあげないと、適当にやって上から床材をかぶせてしまうとまた穴が開きますからね。

パテが乾燥するまで数時間放置。さてこの待ち時間に仕事、仕事。

6

数時間後。きれいに乾きました。

これだけ平らだと床材を貼ってももう大丈夫でしょう。

7_2

ってことで新しい床材を貼りました。完成!

同じ床材ですが、周辺の経年劣化した床材と少し色のトーンが違っていますが、まぁそのうちなじむでしょう。

スタッフさんは月曜日まで来ないのでその間にパテも完全に乾燥して上から乗っても大丈夫になるはずです。

これでキャスターが引っ掛かることなく快適になればうれしいです。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

ボージョレじゃないワインでひとりお疲れ会

今週も一週間が早かったです。

毎年この時期はボージョレを買いますが(付き合いで)、今年はそれもなく、普通の白ワインで一週間のひとりお疲れ会。

ワインと一緒にチーズ鱈が美味しいです。やっぱり好き。

来週はもっと頑張ろうと思う。それから病院に行きたい。

今夜は目覚ましをかけずにゆっくり寝ます。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

浮き粉を探し中。。。でも高いなぁ。

中国で美味しいエビ餃子を食べました。

せいろで蒸してあって、餃子の皮は中身が透けるほど透明です。

具もバナメイエビだか芝エビだか解りませんが、そんなことどうでもいいほど美味しい。

本当に美味しいものに、うんちくや過大な演出は不要です。

この透き通る餃子の皮を日本でも!

と思って帰ってきて「餃子皮」「透明」などのキーワードで調べました。

すると、この透き通る皮の正体は、製造技術でも、加工方法でもなく、粉が違う。

日本では「浮き粉」という名称の粉のようです。
初めて聞く名前です。

この「浮き粉」に片栗粉を少し混ぜて、エビなどの美味しい具を包んで蒸すと、多分あのようなものが出来上がるに違いない。

浮き粉以外の材料なら何とかなりそう。

という所まで解りましたが、浮き粉ってなかなか売ってない上に結構高いんですね~。

多分中国で買うとめちゃ安なんだろうなぁ、と思うとますます日本で買うのがばからしくなります。

次回何か用事があれば「浮き粉」大量ゲットしてきます。

、ていうか「浮き粉」じゃ多分通じないので、中国国内での正しい名称を調べなくてはなりません。

帰国時に謎の粉末を大量にスーツケースに入れていたら別室に連れて行かれるだろうか・・・?

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

SNSから少し離れて・・・

最近忙しいという理由の元に、FacebookやTwitterやらから遠ざかっています。

TwitterとFacebookには、このブログの記事をアップしたら勝手にアップされてしまいますが、仕事以外であまり書き込むことがなくなりました。

ケータイのメールもぶーぶーメールの受信音が鳴っていますが2-3日放置。

久々に新着受信したら数十件のメールを受信しました。

ほとんどが営業のメールだったのでOK。

tiwtterやFacebookのお知らせがPCメールに入ってくるけどもちろんすべて未開封です。

SNSから遠ざかると、twitterにもログインしないので周りの人の動向が全く分からないですが、人々のつぶやきを読まないということはかなりの精神安定と集中力アップにつながるのではと、自分では思うようになりました。

仕事の点ではSNSを避けるようになって精神的なブレが少なくなったと思う。

あーだこうだというワーワーしている感じがなくなって非常に初期のポリシーに立ち戻って、自分はやっぱりこうしたいんだと思って日々を過ごしています。

仕事の日は仕事の事だけ。交流するのはお客様と仕事関係者とスタッフさんと子供だけ。

すっかり時代に取り残されそうですが、これはこれですがすがしい。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

ほっとする時間

土曜日もほとんど出社するのですが、やはり週末ということもあり、金曜日の夜は子供が実家に泊まるので一人ということもあり、1週間で一番ほっとする時間はいつかと聞かれると金曜日の夜仕事から帰って寝るまでの3時間くらいです。

金曜の夜は帰りの時間を気にせず残業した後、努めてテキトーでジャンキーでやる気ゼロの晩御飯を作ることを心がけています。一人のラクラク感を楽しむために。

即席ラーメンだったり、ソースを混ぜるだけのパスタだったり、ピザだったり、ご飯とみそ汁だけだったり。
前日の残り物のおかずとかあったりするとラクでいいですね。晩御飯に即席ラーメン食べながら「金スマ」見るような自堕落感が捨てがたい。

余談ですがこんな「金曜の夜はジャンキー暮らし」の中からも、おいしいものが生まれました。

おかめ納豆とキムチとごま油、納豆についているたれ、醤油すこし、をがーっとかき混ぜてご飯に載せて食べます。かなり美味しいです。ポイントはごま油。
栄養のバランスもいい気がする。

たまたま納豆とキムチがそろそろ期限キレそうだったのでやってみたら思わぬヒット。
偶然立ち寄った子供にも作ってあげたら絶賛していた。

こんなもので大絶賛する親子って、やっぱり貧乏なりに幸せ。。。

そしてあまり時間を気にせずお風呂に入ります。
ちょっとしたぜいたくですが、花王のバブのいろんな香りがアソートされたものを買いまして
一日1錠いろんな香りを楽しんでいます。

Cw573719_2
http://item.rakuten.co.jp/e-corecorp/cw573719/

実は当店でも販売している商品なのですが、当店の商品は72錠入りなので、多いかなと思って、うちで使っているのはスーパーで買ったやつです。(同じ花王のバブですが4種類12錠入り)

某外資系のバスボムだと安いやつでも値段が20倍くらいするので、たいそうな贅沢になってしまうから、多分私の思考回路では特別な日に使おうとか思って、使わずにいるがそんな特別な日など私に訪れるはずもなく、使わないまま1年経過、

とかありえるので、毎日のリラックスには花王のバブが幸せだと思う。1個30円くらいだと許容範囲です。

話は飛びますが、先日スーパーのレジで前のお客さんがセブンスターを買っていましたが今や1箱440円なんですね。他人事ながらすごい無駄な出費だと思いました。

明日の事もあるし、継続した悩みもあるけど、お風呂ではとりあえず1週間終わった~って気持ちでゆったり。

お風呂上りにビールかワインで、パソコンで仕事じゃないあれこれをネットサーフィン。

昼間シャキンとしているためにこういう脱力した時間も実は大事なのだと思う。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

2kgの合いびき肉ミンチでいろいろ作りました!

今日は合いびき肉2kgと玉ねぎ5kgと卵20個を購入。

どんだけ大家族なんだ~!と思われそうですが、女性2人暮らしです。

玉ねぎ5kgはネットに入れてベランダの物干し竿につるしています。田舎の農家のようですがこうしたら長持ちします。でも今日3個使った。

玉ねぎはバターでいためたオニオンスープが子供が好きだし、いろんな料理に使えるので5kgあっても困りません。(多分)

そして合いびき肉2kgは早めにあれこれやって冷凍します。

かなり本気で料理しないと、2kgのお肉はやっぱり多いです!

オレンジページの最新号に、冷凍保存できるひき肉料理の特集だったので、思わず買ってしまい、新しいメニューにもチャレンジ。

にんにくや生姜やゴマ油、みそ、醤油あれこれ調味料を使っているので、いろんな料理ができました。

これでまた平日は助かります。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

リッツカールトン大阪原料記載問題について思う

ニュースを見て思った。

貧乏舌の私としては多分「芝エビ」でも「バナメイエビ」でも多分気づかないだろうと思う。

多分っていうか絶対。気づかない自信はある!見破る自信ゼロ!

何故かというと芝エビの味をちゃんと知らない。食べたことないかも。
もしかしたら遠い昔に高級な店で会食ばっかりだったころ知らずに食べていたかも。

ついでに言うと『「芝エビ」って書いてあったらそれは高級食材の証!』

ということさえ知らない。今回生まれて初めてそうなんだぁ~って思った。
ついでに「バナメイエビ」っていう単語も今回初めて知りました。

伊勢海老って書いてあったらさすがに「おっ!伊勢海老じゃん。」くらいは解ります。

「芝エビ」 何それ???

「レッドキャビア」 何それ???

それ以前にホテルのレストランに朝食バイキング以外の目的で行ったことがないです。

ホテルのレストランでの食事を心底美味しいと思ったことがないから、ホテルのレストランは、

値段 対 味 

の費用対効果が極度に低いものだと思っていました。(うまくもないのにバカ高い)

うんと高くてもいいから美味しいと思うものが食べたいと思ったら、ホテルじゃないレストランに行くと思います。

多分大勢の人が、

海原雄三のごとき美食家ではなくて、一口食べた瞬間

「むぅぅぅ・・・!!!これは「芝エビ」などではない。料理長はどこだー!」
ドスドスドス!!!(雄三が調理場に向かう足音。この後料理長には地獄が待ってるでしょう)

なんてことにはならずそういうもんだと思って食べていたと思うと、

一流ホテルであればあるほど事実と違うことは書いてはいけないと思う。

普段から一流ホテルのレストランで美味しいものを食べまくっている人ならまだしも、

例えば、お金を貯めて何かの記念日に恋人を招待したとか、

ご両親を招待したとか、

普段しないような贅沢をしようね、ってこのレストランで食事した人に

「芝エビ」でございます、ってバナメイエビを出して、

それで「そうなんだ~、これが芝エビなんだ~。美味しいね♪」

って、初芝エビ(が実はバナメイエビ)だったお客様がいたとして。

大事な人のために精一杯のごちそうをしようと、高いけど奮発してこのレストランに連れてきたお客様のまごころと頑張りに対して。

そういうお客様のとっておきの思い出がホテル側の余計な見栄で汚されてしまったかもしれない事を考えると。

実は違ってました、ごめんね。っていうのはちょっと許せないなぁ。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ