ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« ボージョレじゃないワインでひとりお疲れ会 | トップページ | 夏目漱石の「こころ」をチラ読み »

事務所の床修理

スタッフさんの座っている席の床が少し前からへこんでいました。

椅子のキャスターのところがいつも当たってしまうからだと思いますが、いったんへこんでしまうと、ますますキャスターが当たりやすくなって、ますますひどい状態になってしまいます。

中国に行く前に余裕ができたら見てあげようと言っていたので余裕はないけど修理してみました。

ちなみに修理という日本語ですが、中国語でもほぼ同じ意味発音です。
私が好きな中国語の一つ。覚えなくてもいいので。

<ビフォー>
1

2

ということで、この穴の床材をはがします。
しっかり貼りつけたのではがすのは結構大変。 粉々になってしまいながらはがします。

この床材をきれいにはがすプロセスが一番大変ですねぇ。

3

まぁまぁきれいにはがれた。さすがDIYを愛する一ノ瀬。
4

キャスターで何度もゴリゴリされてこんなんなってました。
これだと、椅子を動かすといちいちこの穴にはまってしまってうっとおしかったでしょうね。

ごめん!

5_2

穴をほぼ平らに埋めるべくパテを流し込む。

流し込むのはよいが表面をほぼまっすぐにするのが意外と難しい。

ヘラを使って念力で平らにします。

平らにきっちり埋めてあげないと、適当にやって上から床材をかぶせてしまうとまた穴が開きますからね。

パテが乾燥するまで数時間放置。さてこの待ち時間に仕事、仕事。

6

数時間後。きれいに乾きました。

これだけ平らだと床材を貼ってももう大丈夫でしょう。

7_2

ってことで新しい床材を貼りました。完成!

同じ床材ですが、周辺の経年劣化した床材と少し色のトーンが違っていますが、まぁそのうちなじむでしょう。

スタッフさんは月曜日まで来ないのでその間にパテも完全に乾燥して上から乗っても大丈夫になるはずです。

これでキャスターが引っ掛かることなく快適になればうれしいです。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« ボージョレじゃないワインでひとりお疲れ会 | トップページ | 夏目漱石の「こころ」をチラ読み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事務所の床修理:

« ボージョレじゃないワインでひとりお疲れ会 | トップページ | 夏目漱石の「こころ」をチラ読み »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ