ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

Kindle(キンドル)を買ってよかったと思うこと

何か月か前、Kindleを買いました。
私はPaperwhite、子供にはFire HDです。

買って本当によかったと思う点がいくつかあります。

1.いつもなら入手困難な本が自宅で瞬時に手に入る。

Amazonは洋書が豊富なので、重宝していましたがそれでも紙の本だと
お取り寄せとかあまりにもマイナーな本はなかったり、
あと洋書のハードカバーはごつくて重たいですね。

Steve Jobsの原書とか百科事典のようで内容が面白いとかなんとかいう以前にカバンに収まらないし腕が疲れます。

Kindleならそんなお悩みはありません。

Kindleストアでチョチョイと検索してダウンロードしたらその瞬間から読み始められます。しかも安い。

先日亡くなった南アフリカのマンデラ元大統領をテーマにした本、Invictusですが、これもあっさり購入。700円くらいでしたよ。

洋書が高いのは、やはり輸送費とか、あまり一般には売れないのにそれでも在庫しないといけないリスク代などが上乗せされていたのだと思いますが、これでもう、海外行ったときに書籍を買い占めて帰ってくる必要もないです。

私は洋書の購入に重宝していますが、もうちょっと中国語が上手になったら中国語の絵本とか童話も買ってみたいと思います。

2.無料本が結構多い

Kindleストアには無料本が沢山あります。
芥川や、樋口一葉とか小林多喜二とか一昔前の純文学もそうですが、
わりと最近の漫画とかも多数無料になっています。

これも同じくダウンロードするだけ。当たり前ですが何冊ダウンロードしても
邪魔になりません。

意外な掘り出し物もあったりして、無料本を検索するのも楽しいです。

洋書などの入手困難本を買う時に便利だよね、というのは購入前から期待していたメリットですが、実はこの無料本が多いというのは使ってみて初めて「すごい!」とおもったメリットです。

その他マイナーな嬉しい点としては、画面が液晶なので、それ自体が光っているので
夜寝る前に読むときなど、読書灯をしっかり当てなくても読みやすいです。

あまりにも寒い夜は布団をかぶって布団の中でKindleの光で読んでいます。(視力が落ちても保証はできません。)

3.やはりハイテク

一旦閉じても次に開いた時に、前まで読んでいたところがちゃんと開きます。
当然の機能のようで、やはり便利。

それから、「この章を読み終えるまであと●分」とか、こっちの読むペースから逆算して教えてくれたりする。

必要かどうかといわれると(?)ですけど紙の本では絶対にできない機能です。

私のようにインターネットへの接続は他の端末でやって、Kindleは読書用だけで
いいよ、という方にはやはりPaperwhiteがお薦めです。

洋書を読まない方でも無料本の豊富さを考えたら、読書好きの人なら、
本体価格なんてすぐ回収できると思います。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

不思議な商習慣にも理由がある

自分で会社を始めるまで、主に北米と北米人相手の仕事をしていたので、
会社を始めて初期の頃、戸惑った商習慣がありました。

それは、卸販売などで納品後、月末の銀行振り込みなのはよいが、
「振込手数料を差し引いて払う取引先様がいた事」

アメリカの会社で働いていた時は、どんな常連さんでもどんな大口の注文でも
卸販売でも、商品を渡す際に現金払いか、前払い、そうでない場合はクレジットカード
でやっていたので、

まず日本は掛け払いが非常に浸透していることにまず違和感。

自分が仕入れる時はいいですが、売る側だととっくに商品はお渡ししているのに
回収まで長いなぁ、と思います。

でも売掛の習慣については解る。

しかし、すごく初期のころにこんな事がありました。

月末に売掛金がようやく支払われてきて請求金額と一致するか確認したら少し少ない。

おかしいなぁ・・・。なんかあったっけ?

差額は630円不足。

なんだこりゃと思いながら、そのお取引先にお電話。

そしたら

「あ~、それは、振込手数料を差し引いてお支払いしました。」と一言。

「えっ?Why(なんでそんなケチいことする)!!!!???」

自分が仕入れたのは自社の責任、ならばそれに付随して発生する費用や振込手数料も
当然買う側の費用負担である。

というのが私の考え方です。

しかも請求書にちゃんと振込手数料お客様負担って書いてるし。

わずか数百円とはいえ、値段交渉の末に値引きしたものならすっきりするが、
相手が当然負担するべき費用を勝手に差し引かれる事にはどうも納得が行きません。

ああ、ホントにこんな後味の悪い事するなら正々堂々と商品代金を値切って欲しい。

私の不満は、自社の費用と他社の費用の区別もなくこちらが買ってもらう側だから
少々の理不尽も目をつぶれと言われているようなそういう納得のいかなさ。

昔ながらの小売業がメーカーや問屋に公私混同の要求をしているのと同じとしか
思えませんでした。

そしてこのお取引先様と数か月にわたる振込手数料バトルが始まりました。

こちらは振込手数料を差し引かれた翌月の請求書に、振込手数料を加算して
請求書を作ります。

相手方は、その請求書から振込手数料を差し引いて支払います。
しかし請求書の額面-振込手数料なので、こちらが加算した前月の振込手数料は払った
ことになる。

この不毛なやりとりを数か月やったことがあります。

今は全てのお取引先様に振込手数料はご負担いただいております。
ありがたいことです。

しばらくして、おじいさんの代から数十年続いているような老舗会社の方に
私としては振込手数料差し引かれることが大変理不尽だと思うという話をしたら、

昔々、営業マンが御用聞きだったころ、商品を納める側の人間が毎月集金に
行っていた。

しかし時代が変わって銀行振り込みがメジャーになったときに、

「本来お宅の従業員が集金に来ないといけないところを、わざわざ銀行から
振り込んでやっているんだから、集金に来なくて良くなった分、
振込手数料はそっちが負担してよね。」

という考え方のもとに、振込手数料は差し引きますよという商習慣が
存在し、今もエリアや業界によっては現存するという。

なるほど、それなら多少わかる。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

Make it possible!(何が何でも可能にする)

クリスマス前に子供の高校で進路についての三者面談。

体調も最悪だったので、とりあえず座っているだけにしようと思って面談は始まった。

先生の結論:成績は決して悪くないが目標が大変高いので今の目標は目標でいいけれど、
      それ以外の選択肢も考えておく方がいいと思う。

過去全ての家庭訪問、面談系について「学校にお任せします。先生にお任せします。」
と頭を下げてきましたが、

今回ばかりは抵抗した。

子供が自分なりに決めた将来の夢があって、でも目標が高すぎてちょっとしんどいなぁと
いう時に、安易に逃げ道を考えさせてはいけないと思う。

自分の身の丈に進路を合わせるのか、進路に合わせて身の丈を伸ばすのか。

潜在意識にどちらの考え方があるかで、今後の伸び代は変わると思う。

面談後、子供は後者を選んだ。

、てことで、最も苦手な英語に関して直接教えることにした。

勉強は全て本人の意志に任せてきたけど、初めて子供の勉強に手を加える。

教える前に、まずはスケジュールを作成。
平日1.5時間、休日3時間の英語の勉強を行う。

プログラムは3パターン作った。
習熟度に応じて、文法、単語・イディオム、長文読解の時間配分が切り替わる。

前半は文法の総復習に最も多くの時間を使い、単語・イディオムを並行して覚える。
単語とイディオムは、日本語英語の発音ではなく、何度も読ませてネイティブに
近い音を声で覚えさせる。

後半は単語単語単語長文長文長文。

全体的に家庭での会話は全て英語となる。
これに関しては次の日には慣れた様子。慣れって大切ですね。

ここ2,3ヶ月でどのぐらい成果が出るものでしょうかね。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

男前なおもちゃメーカーさんにしびれました!

設立間もないころから現在まで取引させていただいているおもちゃメーカーさん。

いつも男前ですが今日は最高に男前でした!

見た目がカッコイイってことじゃないですよ。心意気が男前です。

見た目はうーん。。。。

おいちゃんです。かっこよくもなんともありません(ごめん!)。

このメーカーさんの商品はクリスマス前に販売のピークを迎えます。

当社も普段は月に2,3回の発注ってところですが、クリスマス直前になると
毎日のようにFAXをやりあっています。

そして本日12/20。明日から3連休。でも明日出社するけどね。

っていう日に、またもおもちゃの発注があって、

しかもクリスマス前の配達ご指定。
さすがに直前過ぎて厳しい・・・。

でも明日納品してくれたらバタバタラッピングして発送して間に合うよね、と。

お互いかなりの疲弊状態ではありますが、メーカーさんは他社さんの注文も
あるでしょうから、うちよりはるかにしんどいでしょう。

「今日の午前中に発注のFAXしたら、もしかしたらやってくれるかも。」

という淡い期待のもと、とりあえずダメモトFAX。

いつもは折り返し注文受付FAXが来ますが、今日はしーん。。。

きっと今日がピークで忙しいんだろうなぁ。

そして私も忙しさのあまり発注後のフォローをすっかり忘れて、いつの間にか17時。

1階倉庫から2階事務所までダッシュで駆け上る。

「明日のおもちゃ大丈夫か~~~~???」

おそるおそる電話をしました。

メーカーさんも「さすがに無理かも~、ちょっと本社に聞いて見ましょ~!」
ってことで、電話を切って待つ。

しばらくしてFAXの音。

今朝発注したおもちゃの注文受付FAXでした。

その紙には

「12月21日納品 キラーン」の文字が!!!

そしてその下にヤマトさんの伝票番号が。

クリスマスに間に合うようにやってくれたんだ~。

どんだけ男前なん!

感動。

あ、でも今からのご注文はさすがにクリスマス前お届けは無理かもです。。。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

猪瀬元都知事の辞任劇について

本件は知事が悪い。公職の長に立つものとしてあってはならない行為。

しかし都議会での議員の追及の様子など非常に執拗で、(お金が鞄にはいるか入らないかの実演など)いやらしい。

言い返せないのをいいことに大勢で取り囲んで一言一言揚げ足取り、はたから見たらおぞましいがしかし本人達は正義のヒーロー気取り。

正義の糾弾のためなら都政のための議案は放置。

権力者が失脚するのは無上の喜び。

日本の男性達の足引っ張りのしつこさと嫉妬深さに背筋が凍ります。

都知事選にはまた都の税金をダダ使い。

ううむ。。。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

「ごんぎつね」の茂平のような後味の悪さ

昨日の月曜日、週明けという事もあり、楽天なんとかセールだったこともあり、
クリスマス前という事もあり、非常に忙しく仕事していました。

そんな盛り上がっている16:30頃、ケータイに子供から電話がありました。

超邪魔くさそうに出ると、

「お母さん今会社?」と。

超不機嫌そうに「うん。」と返事。

その不機嫌オーラを察知した子供は

「解った。」と言ったけど、その後を見せず。

この忙しいのにどうせつまらない用事で電話をして来たのだろうと思った私は
大して気にもせず、仕事を続けやや遅めに帰宅。

子供は家にいなかった。

30分ほどして、子供が帰ってきた。

いつものようにマフラーやカバンをそこらへんに放り投げると、

「お母さん、これ食べてん!?高校の超美味しいメロンパン!」

「いつも行列で校長先生も並んで買いようとよ。」

子供の高校のメロンパンは美味しいので有名らしく、

16:30に電話をしてきたのは、このメロンパンを焼きたてを買って来たので、
少しでも早く私に食べさせるためだったのだ。

彼女のこの行動には、実は背景がある。

私は先週の金曜日の夜、原因はよく解らないけどとにかく食べたものを全部吐いて、
そこから2日間あまり食欲がなく、リンゴとか軽いものしか食べられない状態だった。

なので、多分その美味しいメロンパンなら私が食べられるんじゃないかと
思って、なるべく焼き立てを渡そうと電話してきたのだ。

表情には出さなかったけど、とても心配してくれていたんだと。

たまたま気まぐれで買って来たものではなく、子供が考えた精一杯の看病とやさしさ。

そういう事に全く想像が行かず、とても冷淡な反応をしてしまった事を
本当に申し訳ないと思った。

「お母さん、『ごん、おまいだったのか』の気分やん。」

とごんぎつねを読んだことがある人しか解らないネタで謝った。

子供は意味が解ったようで

「毎日栗を届けてくれたのは。」

と続けた。

ひどいことをしてしまったのにケンカにならずに良かったと本当に思う。

メロンパンは子供と半分こして食べたけど、胃が重いのを忘れるほど
美味しかったです。

また頼もう。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

真夜中の格闘

昨晩結構帰宅が遅くなり(宴会などではなくただの残業)、もうあまり食欲もないところ、

「何か食べないと明日が持たない。」と思ったりして、

強引にご飯を軽く食べて、そのまま睡魔に襲われ転がるように眠ってしまいました。

数時間後あまりの不快感に半分寝ているようで全然眠れない状態になり、
胃がムカムカしていることに気が付いたものの、

このまま気付かなかった事にして何とか眠りについてしまおう、
その間に消化するだろう、頑張れ!胃。

とかあいまいに命令しながら、寝返りをうったりしてしばらく抵抗していましたが、

もはや吐いてしまう以外に打開策はない。

、との確信に至るまで不快感に追いつめられ、せっかく頑張って食べたものを
夜中に全て吐き出しました。

食べる時は一度に大量には食べられませんが、逆流する時は恐ろしい勢いで
全てが一気に出てしまうので、体に負担が大きいですが、

ずたずたになりながら、3回戦くらいまで戦って、あまりの寒気に熱を測ると
熱まであったことにようやく気づき、体を壊しているではないか、と。

その後も若干の不快感を残しながら、

4回戦はもうムリ。残りはなんとか消化してくれ。と祈るように目を閉じて朝を迎えました。

今日は病院に行こうと思うが、今会社に来ています。うう。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

絶対に治らない病気と解ったら?

昨日ドクターXを見ていて、大門でも無理と言われる、手術が非常に難しい病気で
根本的な治療法がないので、延命治療だけを受けている少女が出てきました。

それで、子供と

「もし治る見込みのない病気になったらどうする?」っていう話になり、

子供は痛み止めの薬だけもらって退院する。
でももう高校は辞める。それで遊べるだけ遊ぶ。

と言いました。

私は、同じく退院して痛み止めの薬だけもらって仕事の整理して
(誰かに譲るなら譲って売るなら売って廃業するなら廃業して)
世界旅行に行く。
途中で死んでもいいけど、生きて帰ったらあとは家で死ぬまで静かに過ごす。

と言いました。

共通は退院する、ってこと。
残りわずかの命と知ったらやはり病院では過ごしたくないですね。

好きなもの自分で作って食べて、読みたかった本読んだり映画観たり。
なんかいろいろ作ったり、近場を散歩したり。

子供が帰ってきたら「おかえり~」って出迎えて、いつものように
くだらない話をいろいろする。真面目な話も少しはしておかなくては。

そして何気に、自分たちの答えを見ると、子供が毎日高校に行き、

私が毎日仕事に行くのは

明日があるから、明日の為だから、なのだと解ります。

明日がないなら今日を戦う意味がない。

明日と将来があると無意識に思っているから今日を頑張れるんですね。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

~陸上自衛隊第4音楽隊and篠栗町吹奏楽団~クリエイト篠栗20周年 クリスマスコンサート2013

クリスマスは毎年、楽しむ側というよりサービスさせて頂く側の立場の方が多いですが、

それでもたくさんのクリスマスケーキのご注文を頂いたり、お子様向けと思われるクリスマスギフトなどをご注文頂くと、

仕上がったステキなケーキに「かわいー♪」と感激したり、
クリスマスの包装紙でラッピングをしながら、

お客様からクリスマス気分を分けて頂いています。

そんな私が楽しむ側として毎年楽しみにしているイベントが、

~陸上自衛隊第4音楽隊and篠栗町吹奏楽団~

のクリスマスコンサートです。

Christmas2013


今年は14日(土)に開催予定。

私の場合、子供が楽団でフルートとピッコロを担当していて、自分の子どもが出演するから
というのもあるのですが、

町内の皆さんも夏の花火大会と並んで普通に楽しみにしているイベントです。
クリエイト篠栗というコンサートホールも毎年満員御礼。

座席はすべて埋まって、通路の階段に座って観る方もいらっしゃいます。

毎年整理券を配っていますが、早めに取りにいかないと本気ですぐになくなってしまうのです。

あまりの人気ぶりにここ2年くらいは、整理券をもらいに行っても、一人一枚しかくれなくなり、この忙しい私が、町役場まで出向くのはこの整理券をもらう時ぐらいです。

整理券は入手できても、席は当日自由席なので毎年仕事で出遅れて、いつも後方の座席しか取れません。

子供は毎年ステージの上から私を探しているようですが、
いつも「どこにおるか解らんかった。」とがっかりしています。

なので今年はフルートの演奏が見えやすい場所を確保したいと思います。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

NHKで母子家庭=貧困というのをやっていた

今朝、非常に起きられなくて、NHKの「ごちそうさん」を見ながらようやく朝ごはんを食べ終わり、その次のNHKの情報番組を見ていましたところ、

「母子家庭」が貧困で大変だというネタをやっていました。
8:30までしか見られませんでしたけれども。

母子家庭の半分以上がいわゆる税引き後 年収118万円以下の貧困層だそうです。

そりゃ~そうだわね。

仮に独身時代バリバリ働いていたとしても、出産育児でキャリアの中断を余儀なくされた人も多いと思うし、離婚したから働かなくてはとなっても、子供が小さいうちは雇ってくれるところすら少なくて大変だろうと思います。

必然的にバリバリ働けない=パートになって貧困層の仲間入りです。

そうこうしているうちに、子供は大きくなったものの今度は自分の年齢がおばさんになっていてまた正社員は難しいと。こうなります。

そして貧困の為、子供に進学を諦めさせ、貧困は子供の代にも受け継がれる。

貧困の無限ループです。

母子家庭には、妻に子育てを任せて「俺は仕事だ」と思う存分働ける夫の立場の人には
想像できない苦労とハンディがあると思います。
周りから見たらひょっとすると対等に見えているかもしれないけど、全く違う。

番組の作りとしては「行政の支援が母子家庭に十分行き届いていない」という結論に持っていこうとしていたが、

でもこれは行政の責任ではない。自分の生き方の責任。

母子家庭を選ぶならば相当の覚悟が必要です。
自由にはなりますが、やはり大変な選択です。

子供の為を思うなら、がむしゃらに働かないといけない。
死んだら元も子もないけど、気持ちとしては死んでも子供との生活を守らないといけない。

そして何が何でも、子供が希望する限りまともな教育を受けさせないといけない。

その覚悟は自分の命と、自分の夢と、自分の未来と引き換えです。
それでもいいと思わないといけない。

私が離婚して間もないころ母に言われたことがあります。

「あんたは自分が稼げるくらいに思って、簡単に離婚したけど、
そういうあんたの性格は自分のわがままを通しているだけなのだ。
みんなはちょっとぐらい面白くないことがあっても
辛抱して我慢して結婚生活を続けるのだ。」と。

私は大変な方の道を選択してしまったけど、母の意見もひとつの正しい意見だと思う。

一応当時は水商売でもなんでもする覚悟であてもなく福岡に来ましたが、
語学が出来たことが身を助けてくれました。
何も特技がなかったらどうなっていただろうと思うと、怖いです。

結婚生活の中で何かをあきらめるのか、離婚後の生活で経済的なことや楽をすることを諦めるのか。

それぞれが安易に出した結論ではないと思うけど、母子家庭の道の大変さについては
じっくり考えた方がいいと思います。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

入浴剤「旅の宿」vs「バブ」!?

入浴剤の2大巨頭「旅の宿」と「バブ」を大人買いしてしまいました。

●バブ9種の香り72錠

http://item.rakuten.co.jp/e-corecorp/cw573719/

Cw573719_2

●旅の宿 94包入り

http://item.rakuten.co.jp/e-corecorp/cw573777/

Cw573777_1


どちらにしようか迷った挙句両方共買ってしまいました。

でも一日1個使っているうちに、なくなる頃には春になると思ったら
苦手な冬の楽しい過ごし方が一つできました。

お風呂のときはリラックスタイムではありますが、

本日の振り返りとか、明日の流れのリビューとか
「20日頃のケーキの出荷はミスなくやらなくては」とか
「4月以降の売上はどうなるだろう」とか

仕事のことが頭をどうどう巡りします。

ついでにバブと旅の宿も商品としてどうなんだろう?

と分析してみたりします。

商品としてみると、

バブ=女性ターゲット
旅の宿=男女混合ファミリー層ターゲット

だと思います。

この数日は「旅の宿」でしたが、昨日は「箱根」、今日は「草津」でした。

ここ、旅の宿の大きなポイントだと思う。

旅の宿が提供しているのは入浴剤なんだけども実は入浴剤ってことではなくて
「日本全国温泉めぐり」なのですね。

温泉行きたいけどめったに行けね~よなぁ。

っていう庶民のために(→私)ひと時の擬似温泉旅行気分を味わわせる。
これが旅の宿。 

体あったまりますよ、肩こりや冷え性にもいいですよ、っていう以前に

昨日は「箱根」、今日は「草津」。明日はどの温泉にしようかなぁ。

これが旅の宿の真骨頂。

旅の宿が売っているのはこのひと時の癒し。

このひと時の現実逃避。

必ずしも入浴剤ではないと思う。

入浴剤としてを質実剛健に売っているのはムトーハップとかね。

バブは同じ入浴剤ですけど、また異なる切り口で、これは明らかに
「香り」
をテーマにしています。

ローズ系だけでも多分10種類近くあるのではないか。

社員の比率に研究開発部門の割合が異常に高い花王の研究魂が伝わってくるようです。

ネーミングもファミリー層を捨ててますね。

女性が買ってくれたらそれでいいも~ん!

という花王の声が聞こえてきます。

旅の宿もオヤジとしての楽しみがあるのですが、バブもいいのよ。

シュワシュワ炭酸でいい香りに包まれて、優雅でリッチな気持ちになれます。

これはこれで昨日は「ローズ」、今日は「ゆず」明日はどの香りにしようかな、

という女の楽しみをついてくるのです。

同じ入浴剤でも切り口は全く違うなぁ、と感心します。

そんなこと考えずに脳を休ませてあげたいですが。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

「アインシュタイン」を「愛してる」と聞かせることができるか!?

相対性理論で有名な理論物理学者アインシュタインが恋愛について述べた名言です。

-------------
異性に心を奪われることは、

大きな喜びであり、

必要不可欠なことです。

しかし、それが人生の

中心事になってはいけません。

もしそうなったら、

人は道を見失ってしまうでしょう。
----------------

アインシュタインは同時に他人に対して一切期待しない
というポリシーの持ち主だったようで、だから私は幸福、

という考え方です。

世の中を見渡してみると、ネットでの恋愛お悩み相談なども、彼への依存度が
高い人が多いように思います。

メールの回数が減ったとか、結婚の約束が延び延びになっているとか、
デートの約束ドタキャンされたとか、何も考えてなかったとか、

確かに相手に期待するとがっかりすることもあります。

ですが、その悩んで落ち込んだ心で毎日過ごしていても楽しくりません。

彼氏の方もいちいち見返りを期待されたり、うっかり期待に応えられなかったときに
イジイジされたら逃げ出したくなると思う。

女性は特に、尽くして期待して期待通りにならず玉砕というパターンが非常に多い。
・・・ように思う。

待てと言われればおとなしく待って、「もうすぐ30なのに彼は真剣に考えてくれているのか」と、
結婚の約束にしがみつく。

結婚=幸せのゴールではない事は昨今の離婚率の高さが証明している。
しかも離婚は女性側が言い出すパターンの方が圧倒的に多いのだ。

なので他人を変えることはとても難しい事なのだと、諦めではなく、
他人を変えることは出来ないから自分の事に集中するのが良いのではないかと思います。

白馬の王子様は「ニホンカワウソ」よりも100年以上前にもう絶滅してしまったのだと
知る必要があると思う。

今どき女性用の白タイツももうめったに売ってないというのに、男性が履く白タイツなんか
もはやどこにも売ってないのです。

ステキな誰かと出会い、出力120%でときめく事は素晴らしいけど、
その人に過度な期待をすることは相手に対して気の毒です。

仕事の出来る男を捕まえるよりも自分で仕事が出来た方が、逃げられる心配がない。

金持ちを見つけるよりも、自分で稼いだ方が欲しいものを買う時にいちいち相手のご機嫌をうかがって許可を得る必要がない。

それが相手にとってどんなに無価値でくだらないものでも、自分のお金で買うなら
いつでも買える。

自分の置かれた現実から救い出してくれるのは他人ではなく、自分なのだと思う。

でもそんなスタンスで一人で荷物を抱えて生きている時に、たまたま道でばったり
出会ってしばらく情報を共有しながら、荷物を持ちあったりしながら、
一緒に歩く相手がいたらそれは嬉しい事だよね。

、というぐらいの軽い位置づけ。

がアインシュタインの理論ではないかと思う。

ということで、やたら恋愛依存度が高く、口を開けば、

「私の事好き?」「愛してる?」と聞いてくる、

自信のなさげな女性に対して、

(もうちょっと自立したらどうよ?)の気持ちを込めて、

「アインシュタイン」と返事してみるのはどうかと思う。

うまく発音できれば「愛してる」って聞こえるかも。

アイュタ

って感じ?

でもうっかりバレて、

「今、『アインシュタイン』って言ったでしょ!」
「私の事バカにしてるの!?」

と大ゲンカになる可能性もゼロではないので、被害妄想が強く怒りっぽい相手にはおすすめできません。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

『名誉白人』の称号よりも『誇り高き黄色人種』でありたい

南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領が死去しました。

私のように若干長く生きていると、高校時代とか普通に「アパルトヘイト」がまかり通っていた時代なので、ネルソン・マンデラ大統領のインパクトは非常に大きかったです。

マンデラ氏をモデルにした「Invictus(屈せざる者)」という小説があるようですので
年末年始のお休みにはこの本を読もうと思っています。

現代の人が「アパルトヘイト」の政策を見たら、信じがたい部分があると思いますが、
そもそも第二次世界大戦終結くらいまで世の中は西洋人の定めたルールで動いていますから、(いまでもそうかな・・・)

黒人を勝手に奴隷と名付けて拉致して売買したり、アジアの多くの国が武力で西洋の国の
植民地にされていたり、そんなのビジネスとして当たり前の時代もあったのです。

その流れで、白人=偉い、有色人種=下等 というそういう考えがあったのですね。

生まれ落ちた遺伝子が異なり、面の皮の色が多少違うというだけで歴然と差別する当時の
白人社会の考え方はさっぱり理解できませんが、

多分そうでもしないと自分たちのやっている傍若無人、弱いものから搾取しまくりの
振る舞いが人道的にも紳士としても問題アリ、
という事を認めたくなくて、何としても正当化したかったからではないかと思う。

「アパルトヘイト」時代、日本は

「お前ら黄色人種だけど特別に仲間に入れてやるぜ。(と言っても生粋の白人とは
差別するけどね、当然)」

という事で『名誉白人』というポジションを頂いていましたが、

そんなウザい称号こっちから願い下げだよ!って感じがします。

正直に「黄色人種」って呼べばいいじゃん!

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

高校生とその親のクリスマスプレゼントについて

昨晩、自分のネットショップのトップページの変更内容を自宅で作っていまして、

リサーチのために、

「今さ、クリスマスプレゼントの予算っていくらぐらいと思う?」

と子供に聞きました。

「そりゃ、高校生なら諭吉じゃない。」

「何それ『諭吉』って?」

ちょっとびっくりだったのですが、今親が高校生にあげるクリスマスプレゼント

って現金なパターンが一番多いんだそうです。

1万円(諭吉)くらいを「ほれ。」と渡して、

「クリスマスプレゼントはこれで好きなものを買いなさい。」というらしい。

あるいは親と一緒に買い物に行って自分が欲しいものを自分で選んで買ってもらう。

現金じゃなくて親と一緒に行く派の人は、なぜ親と行くかというと、

仲良しな訳ではなく、自分が目をつけていた者より思いのほか高額なものが

気に入ってしまったら親に払わせないといけないから親が一緒の方がいいと。

要するに「お財布」ってことですね~。

うわー、夢がないねぇ。世の中殺伐としてくるわけだ~。

ちなみにうちの場合、未だに子供が寝ている間に枕元に置いてますね。
どんなに巨大なものでも。

しかもしばらく前から会話や日々の暮らしの中で地味に何が欲しそうか
リサーチして、

毎年「クリスマスプレゼント?何それ?」みたいな買う気ゼロの気配を漂わせ、
絶対にばれないように買い物を済ませ、ひそかに自分の部屋に隠して用意してます。

何を買ったかも本人に渡すまで知らせない。

でも、そんな家庭は少なくとも子供の周りにはもう皆無らしい。

何故そうなるかというと、コミュニケーション不足なのではないかと思う。

子供が欲しいものが解らないし、親が選んだものは嬉しくないから、
自分で買うからお金がいいよ、となるんでしょうね。

または、自分が欲しいの選ぶからお金だけ出してね、って。

でも多少ポイントがずれていても、相手が自分のために用意してくれたって、
いう事とか

目覚めたらそこにプレゼントが、っていうサプライズって
大事だと思うけどなぁ。

お金や自分で選ぶ方がよほど少数派だと思っていたのに、今や私の方が少数民族です。

寒中水泳!?

社宅の共有施設として温水プールがあります。

20131201_132003

一応25mあって、奥にはジャグジーとサウナがありますが、この時期は誰もいません。

今日日曜日なんですけど・・・。

確かに、このシーズン水着に着替えてプールに浸かるまでは若干の気合が要求されますので

ダイエットに切羽詰っている人(→私)のように追い込まれている人間しか利用しないかも。

でも、温水プール独り占めと思えばちょっとは金持ち気分も味わえますから出てきた価値アリ。

平泳ぎ、背泳ぎ、クロールなど一通りを1.5kmのウォーキングと共に泳ぎました。

帰りは体の中からポカポカして部屋に戻るまでは上着なしでOKです。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ