ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 男前なおもちゃメーカーさんにしびれました! | トップページ | 不思議な商習慣にも理由がある »

Make it possible!(何が何でも可能にする)

クリスマス前に子供の高校で進路についての三者面談。

体調も最悪だったので、とりあえず座っているだけにしようと思って面談は始まった。

先生の結論:成績は決して悪くないが目標が大変高いので今の目標は目標でいいけれど、
      それ以外の選択肢も考えておく方がいいと思う。

過去全ての家庭訪問、面談系について「学校にお任せします。先生にお任せします。」
と頭を下げてきましたが、

今回ばかりは抵抗した。

子供が自分なりに決めた将来の夢があって、でも目標が高すぎてちょっとしんどいなぁと
いう時に、安易に逃げ道を考えさせてはいけないと思う。

自分の身の丈に進路を合わせるのか、進路に合わせて身の丈を伸ばすのか。

潜在意識にどちらの考え方があるかで、今後の伸び代は変わると思う。

面談後、子供は後者を選んだ。

、てことで、最も苦手な英語に関して直接教えることにした。

勉強は全て本人の意志に任せてきたけど、初めて子供の勉強に手を加える。

教える前に、まずはスケジュールを作成。
平日1.5時間、休日3時間の英語の勉強を行う。

プログラムは3パターン作った。
習熟度に応じて、文法、単語・イディオム、長文読解の時間配分が切り替わる。

前半は文法の総復習に最も多くの時間を使い、単語・イディオムを並行して覚える。
単語とイディオムは、日本語英語の発音ではなく、何度も読ませてネイティブに
近い音を声で覚えさせる。

後半は単語単語単語長文長文長文。

全体的に家庭での会話は全て英語となる。
これに関しては次の日には慣れた様子。慣れって大切ですね。

ここ2,3ヶ月でどのぐらい成果が出るものでしょうかね。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« 男前なおもちゃメーカーさんにしびれました! | トップページ | 不思議な商習慣にも理由がある »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Make it possible!(何が何でも可能にする):

« 男前なおもちゃメーカーさんにしびれました! | トップページ | 不思議な商習慣にも理由がある »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ