ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 「アインシュタイン」を「愛してる」と聞かせることができるか!? | トップページ | NHKで母子家庭=貧困というのをやっていた »

入浴剤「旅の宿」vs「バブ」!?

入浴剤の2大巨頭「旅の宿」と「バブ」を大人買いしてしまいました。

●バブ9種の香り72錠

http://item.rakuten.co.jp/e-corecorp/cw573719/

Cw573719_2

●旅の宿 94包入り

http://item.rakuten.co.jp/e-corecorp/cw573777/

Cw573777_1


どちらにしようか迷った挙句両方共買ってしまいました。

でも一日1個使っているうちに、なくなる頃には春になると思ったら
苦手な冬の楽しい過ごし方が一つできました。

お風呂のときはリラックスタイムではありますが、

本日の振り返りとか、明日の流れのリビューとか
「20日頃のケーキの出荷はミスなくやらなくては」とか
「4月以降の売上はどうなるだろう」とか

仕事のことが頭をどうどう巡りします。

ついでにバブと旅の宿も商品としてどうなんだろう?

と分析してみたりします。

商品としてみると、

バブ=女性ターゲット
旅の宿=男女混合ファミリー層ターゲット

だと思います。

この数日は「旅の宿」でしたが、昨日は「箱根」、今日は「草津」でした。

ここ、旅の宿の大きなポイントだと思う。

旅の宿が提供しているのは入浴剤なんだけども実は入浴剤ってことではなくて
「日本全国温泉めぐり」なのですね。

温泉行きたいけどめったに行けね~よなぁ。

っていう庶民のために(→私)ひと時の擬似温泉旅行気分を味わわせる。
これが旅の宿。 

体あったまりますよ、肩こりや冷え性にもいいですよ、っていう以前に

昨日は「箱根」、今日は「草津」。明日はどの温泉にしようかなぁ。

これが旅の宿の真骨頂。

旅の宿が売っているのはこのひと時の癒し。

このひと時の現実逃避。

必ずしも入浴剤ではないと思う。

入浴剤としてを質実剛健に売っているのはムトーハップとかね。

バブは同じ入浴剤ですけど、また異なる切り口で、これは明らかに
「香り」
をテーマにしています。

ローズ系だけでも多分10種類近くあるのではないか。

社員の比率に研究開発部門の割合が異常に高い花王の研究魂が伝わってくるようです。

ネーミングもファミリー層を捨ててますね。

女性が買ってくれたらそれでいいも~ん!

という花王の声が聞こえてきます。

旅の宿もオヤジとしての楽しみがあるのですが、バブもいいのよ。

シュワシュワ炭酸でいい香りに包まれて、優雅でリッチな気持ちになれます。

これはこれで昨日は「ローズ」、今日は「ゆず」明日はどの香りにしようかな、

という女の楽しみをついてくるのです。

同じ入浴剤でも切り口は全く違うなぁ、と感心します。

そんなこと考えずに脳を休ませてあげたいですが。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« 「アインシュタイン」を「愛してる」と聞かせることができるか!? | トップページ | NHKで母子家庭=貧困というのをやっていた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入浴剤「旅の宿」vs「バブ」!?:

« 「アインシュタイン」を「愛してる」と聞かせることができるか!? | トップページ | NHKで母子家庭=貧困というのをやっていた »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ