ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

消費税率改定に伴う各モール動向

Amazon、楽天、DeNa(旧ビッダーズ)、Yahooストアと運営しております。

消費税率改定に伴い、モール側でも各社各様の対応となっています。

今回はYahooストアが断トツでサービスが良い。
やはり孫さんが手数料無料発表をしたあたりから、変わってきたのかなと思います。

ではYahooストアの素晴らしき対応をご紹介します。

消費税率は、4/1に5%→8%に自動で切り替えます。
現在の価格を据え置きたいとか事情があって、自動切り替えが不要な人は
●月●日までに申請してね。

あぁ、なんと素晴らしい!!!

ていうかこのくらいのシステムはどこのモールでもやれそうなものですが、

Yahooストア以外は、

「自分たちでやってね!4/1以降8%価格にしてない人は知らんけんね。」

って感じです。

そしてDeNaに至っては、今日は一日中csvで一括変更するためのFFFTPのホスト側が
ダウンしています。

自分たちでやってね、って言っといて、サーバーがダウンしてたら何もできない。
アクセスが集中することを予測して補強とかしないのか?

DeNaは割と簡単に終わると思っていたのに・・・とほほ。

Amazonは過去に一度失敗したことがあり、かなりトラウマとなっているため
テクニックに頼らず、気合の1件1件手修正。

楽天も価格の修正自体は大したことはないが、増税に伴って送料が微妙に上がるので
商品説明文内や選択肢の送料の金額を修正するのが結構大変。

項目選択肢を削除して、また似たような内容で新規登録。

得意の「置換」を使いましたが、まぁだいたい出来ているでしょう。

明日から税率8%となりますが、ギリギリまでの駆け込み需要は予想通りですけど、
8%になってからの販売店の動向、商品価格の値動きは気になります。

経済はあくまでも法規制のもとに動くのではなく、需要と供給のバランスで動くので
杓子定規に3%上乗せでもないでしょう。

元に私もAmazonでは、商品を見ながら価格の設定をしました。
5%→8%でも売値を買えていない商品も結構あります。

国が増税分は価格に転嫁しなさいよ、と言ってもしない場合があるという事です。

とか空き時間にブログまで書いてしまった。
DeNaのサーバー早く使えるようになって欲しい。

イーコレYahooストア、イーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

今更ながら、最近「今でしょ」って大事だと思う。

もう聞き飽きた感のある「いつやるの?」「今でしょ」ですが、意外と私の座右の銘にもなっています。

やらなきゃやらなきゃと思う事がありますが、早くやるに越したことがないことは
多々あって、ついつい先延ばしにしてしまいがちですが、

善は急げ、で思いついたらなるだけ早く行動するようにしています。

「今日から」「今から」は会社内でもよくやることで、周りは「なんて強引!」と
思っているかも。

でも改善するならすぐの方がいい。
失敗だったと解るのも早い方がいい。

ところで「今でしょ」の予備校先生(林先生)いつのまにかゴールデンタイムに
冠番組を2、3持っているではないですか!

もはや売れっ子芸人以上!

スーパーには林先生のふりかけも売っているよ。

ひところの池上彰さんばりのモテモテぶりですね。

池上さんの「いい質問ですね!ふりかけ」はついに見かけませんでしたが。
でもありそう。表にいい質問があって裏に池上さんの解説。

う~ん、実用化に至らなかったのは多分ふりかけの外装の文字制限のためですね。
あの袋の面積に池上解説を入れたら字が多すぎて読めない。

話戻って。

多分東進のCM時代は本人も周りもここまで!?とは思わなかったと思います。

本ぐらいは出すよねぇ、、、とは思っていても。

その番組を見ていると、林先生はけっこう守備範囲が広いなぁと思いますね。
どんな話題でもある程度良く知ってて、切り返しのトークも下手な芸人より上手。

度胸があって、影の努力もしていて、頭の回転が速いんだろうなぁと思います。

そうじゃないとあのCMがブームになって世に祭り上げられても、ただの
人気予備校先生で終わってしまって、冠番組持てるとこまで
いかないでしょう。

元々の力がないとチャンスをつかんだ時にチャンスを活かし切ることが出来ない。
チャンスを活かせるものはラッキーじゃなくて元々それまでの努力とか力がある。

どちらが先という事はないと思いますが、

特にファンではないですが、テレビを見ながらそんなことを考えました。

イーコレYahooストア、イーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

世界一シビアな「社長力」養成講座 ダン・S・ケネディ

少し前からネット広告で、 「世界一シビアな「社長力」養成講座」っていう本を見かけていました。

価格3,990円で「ダイレクトパブリッシング出版?」とかいう怪しげな(すみません)出版社の本で、

しかもその本の販売ページが、「絶対に彼女が出来る(虜になる)ノウハウ」とか
「お金が天から降ってきて億万長者になれるノウハウ」みたいな

超うさんくさいノウハウ販売ページと同じつくりでしたので、

<こんなページ>
http://www.directbook.jp/brm/index_adw.html?ts=adw_k-brm.sales.txt_0002&utm_expid=30459487-99.OoYpvGr5Qy2a-FNA7jPhng.0&utm_referrer=http%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2Faclk%3Fsa%3Dl%26ai%3DCMWOcXuIrU8ntKYKA8AW6pYCQCMWWovgDhcr27Fm0sPOyDAgAEAEgsYrfBigCUPjo1Yb9_____wFgibPfhOAUoAGD_rzWA8gBAakCtBiNnc76RD6qBCBP0OFPMCQGyMVTT5Q5BdzfyfnoQnMOjA3ercPtHcxgvIAFkE64BgGAB-WBwymQBwI%26sig%3DAOD64_2tkE5zAzFRCxf6pUthO0BYzbdbkg%26rct%3Dj%26q%3D%25E3%2583%2580%25E3%2583%25B3%25E3%2580%2580%25E3%2582%25B1%25E3%2583%258D%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%26ved%3D0CCsQ0Qw%26adurl%3Dhttp%3A%2F%2Fwww.directbook.jp%2Fbrm%2Findex_adw.html%253Fts%253Dadw_k-brm.sales.txt_0002

3,990円で買った結果、上っ面の詐欺書籍だったら嫌だなぁと思いつつ、
著者は結構ちゃんとした人っぽかったので、

ちゃんとした本なら読んでみたいと思っていました。

あれ、でも考えてみると著者がアメリカ人という事はちゃんとした本なら原書があるんじゃないの?

という事に気づき、 Kindleで検索したところ、やっぱり英語版の原書がありました。

Kindle版もあって、900円台でした。3000円節約できた!

それに900円台ならくだらない本だったとしてもあきらめがつきますね。

まだ第4章までしか読んでいませんが、誰かの書評に書いてありましたが、
きれいごとではなく 結構ミもフタもないことが書いてあります。

例えば、お店で閉店までの15分「もうお客さん入ってくるな」と思っているのが従業員。
「あと一人入ってこないかなぁ。(それによって閉店時間が遅れたとしても)」と思っているのが経営者。

「週末が待ち遠しい」のが従業員。
「あと一日営業日があればなぁ」と思っているのが経営者。

従業員に経営者感覚を持つことを期待するほど愚かな事はない。
それは、テーマパークのシマウマに今日の入場券が何枚売れたか考えることを期待するのと同じ事。

そんなんで従業員と経営者は相容れない。
経営者が従業員から好かれることはないから(どうせ嫌われている)、従業員に好かれる経営者
でありたいという願いは、もう捨てて、もっと優先順位の高い事に意識を集中しよう。
(ああ、これが私の運命か・・・悲しい。)
とかいう事が書いてあります。

ひとつの思想としてはとても面白い。
よくある経営本とはかなり視点が違う本なので、賛同しますという意味では全然ないです。

イーコレYahooストア、イーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ