ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 『北朝鮮強制収容所に生まれて』明日よりKBCシネマにて公開 | トップページ | 小保方さん関連の会見について思った事 »

「北朝鮮強制収容所に生まれて」を見て

高校3年となった娘を連れて映画「北朝鮮強制収容所に生まれて」を見てきた。

日々「信じて放置」を教育のモットーとしていますが、映画や本、世の中の事について
知っている限り語り合う事が私が子供にしている唯一の教育です。

この映画に関しては、内容があまりにも壮絶なので、さすがに連れて行こうかどうしようか
迷ったけど、本人が見たいというので連れて行きました。

結果的にはきちんと受け止めてくれて考えてくれてよかったです。

場所はKBCシネマ。

一日一度の上映で、多分大した宣伝もしていないのに映画館は超満員!
設置されたイスだけでは足りず、仮設の椅子がいくつも出されていた。

私達も2人分空いた席が最前列しかなくて、それでもなんとか席をゲット。

映画の内容については、ドキュメンタリーなので
「シンドンヒョク」「北朝鮮収容所」などで検索すればだいたいのところは
解ると思う。

でも目をそむけずに映画を見た方が良い。

いろいろと思う所はあるのですが、シンドンヒョクが大人になるまで
生きていたことも、脱獄にも脱北にも成功した事は本当に象が針の穴を通るより困難な

奇跡としか言いようがありません。

この奇跡により北朝鮮の収容所の実態が詳しく解るようになった。

国連や人権団体が彼を取り上げ、アメリカの記者が本を書いて、ドイツ人の
映画監督がメガホンを取って、世界中の多くの人がチームを組んで
彼を取り上げる事で、

世界中に一石が投じられている。

神様は信じないけど、この奇跡については神様が彼を活かして逃がしたと思える。

シンドンヒョクが北の指導者、金正恩と同じ年齢だという事も因縁を感じます。

普通に過酷な北朝鮮で、最も過酷な運命を負ったシンドンヒョクがその過酷な体験で
世論を動かし、北の体制を終焉に追い込むことが出来るかもしれない。

« 『北朝鮮強制収容所に生まれて』明日よりKBCシネマにて公開 | トップページ | 小保方さん関連の会見について思った事 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「北朝鮮強制収容所に生まれて」を見て:

« 『北朝鮮強制収容所に生まれて』明日よりKBCシネマにて公開 | トップページ | 小保方さん関連の会見について思った事 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ