ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

インドのダリット(不可触民)とIT産業の隆盛

インドの身分制度にはカーストというものがありますが(法律的には1950年に廃止したものの結構根強く残る)、

4つの身分の枠組みのさらにその下に、

ダリット(不可触民・賤民)という身分の人たちが現在も1億人以上いるそうです。

アンタッチャブルとも呼ばれ、触れてはならないほど穢れているという意味らしい。

どうも人間扱いしてはいけないそうです。

日本の江戸時代にも4つの身分制度があり、さらにその下に賤民階級が存在していたことを考えると、

「4つの身分+賤民」というのは国を統治するうえで便利な仕組みなのかなぁと考えます。

国や宗教が違っても同じ仕組みを取り入れていたという事は効果があったのでしょう。

現代においては信じがたいことですが、インドではダリットの女性を高いカーストの男性がレイプしても警察が動いてくれず犯罪にならないそうで、

被害者が強気に騒ぐと、逆ギレされて家が焼かれたり、家族もろともひどい目にあったり、(それらも警察は無視)無法状態なので、

面白半分にレイプされるダリットの女性は後を絶たない。らしい。

触れてはならないほど汚らわしいのにレイプするのはいい、というのはまた偉い人には都合のいい理屈ですが。

ダリットの身分は親から子供へときっちり受け継がれ、

死体の片付けや、排泄物の処理など、人の嫌がる仕事があてがわれます。

排泄物の処理は、かごみたいのにスコップで排泄物を集め、頭の上にかごを載せて運ぶというもの。重労働で汚れ仕事で大変な仕事です。

この職業も代々受け継がれる。もちろん他の階級の相手との結婚もできない。

職業選択の自由がないことも、江戸時代の日本と同じ。

韓国でもキーセンの娘はキーセンになるしかなかったのと同じです。

こういう最下層の人たちの統治上の存在意義としては、4つの階層の共通の敵というか、階級の下に、さらに賤民を置くことで、虐げられる人々の憂さ晴らしというか、「まだまだ下がいるぜ(自分たちはまだまし)」っていう意味合いのものと考えられています。

そして生きてるあいだにはいいことも希望もないダリットには何があるかというと、

「生まれ変わり」。これです。

なんでもここの宗教(ヒンドゥー?)は

「現世で辛いことがあればあるほど、来世では高い身分で生まれ変わることが出来る」

だから現世でダリットという事は、来世ではいいことありまくり。

、ということなのですが、この教えの胡散臭さはもう新興宗教レベル。

支配者にとってなんという都合の良いマイルールでしょう。誰も死後の世界の保証はしなくてよいのだから。

逆に言うとあなたたちは現世ではなんもいいことないよ。と言っているのですが、

でも生まれた頃からそうやって教え込まれると、信じてしまうものなのか、もう運命として受け入れざるを得ないのか・・・。

そうして根強く残る身分差別と職業選択の不自由ですが、時代の助けか、過去にはなかった職業だと、身分に関係ないそうで、

ちょっと前に発生した新しい職業、IT産業などは、従来の身分制度の規制がなく下位層の人々が一発逆転狙えるので、

よく言うインド人は理系で計算上手、という国民性もありますが、それプラス下克上(身分制度の縛りを受けない職業)として隆盛してきている。

うまいことインドを脱出までできれば、カーストだとかダリットとか関係なく「私はインド人」ですもんね。

これはガッツ湧く!!!

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

ホリエモンの「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足して ...」を読んだ

週末3冊ほどビジネス書を読みました。

超久々にホリエモンの本を読みましたけど、意外と面白かったので感想を書きます。

収監後に最初に出した本という事で、

「稼ぐが勝ち」(というタイトルだっただろうか?)などの一連のホリエモンがブイブイ言わせていた時代の本とはまず違います。

本書はホリエモンの生まれ育った家族の事、それが一般的な素敵なファミリーではない事など素の本人の様子が描かれています。

本のレビューにはいろいろ悪い感想も書かれているけど、
私も素敵なファミリーではない所で育ったために共感する部分も多く、
単純に面白いと思いました。

一番そうだその通りと思ったあたりは、(面白いといいつつかなり流し読みをしたので、若干文脈は違っているかもしれないけど)

例えば起業をしてみて、例え失敗してゼロになったとしても、
客観的には同じゼロだとしても、

それは、失敗するかもと恐れて何もしなかったこととは全く違うという事。

失敗してもゼロに戻るだけだから失敗を恐れることはない、という話。

会社を経営するという事を経験して見れば解ります。

やはり考える事も悩みも判断することも責任を取るという事も、サラリーマン時代とは
違って、日々本当にいい経験になり、いい勉強になります。

またサラリーマンに戻ったとしても、経営者の気持ちを察することが出来るように
なった分、ゼロではないと私も思う。
また次にもう一回起業するとしても失敗の経験分、前よりは賢くなっている。

失敗するかもと恐れて何もしないことことがそういう意味では安全に見えて一番のハイリスク。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

本末転倒だと思う点

3組に1組の夫婦が離婚していると言われる日本ですが、離婚した母子家庭の半分以上が貧困だという。

なかなか仕事も見つからないので生きていくために、風俗がセーフティネットになっていたり、あるいは風俗でも最近はきれいで若い人じゃないと務まらないので、風俗にも行けない人は出会い系で売春して生活費を稼いでいるという。(ワリキリというらしい)

自分と子供の幸せのために離婚したというのに、こうなってしまうと何のために離婚したのでしょう、と思います。

風俗勤務=不幸という意味ではないですよ。本当に困ったら一時的にはアリだと思います。
でも私はどんなにきつい汚れ仕事しても体を売る仕事はしない(怖くて出来ない。)

どうしてもどうしてもどうしてもしないといけないなら、目いっぱい稼いで資格取得などの
勉強もして一秒でも早く抜け出す。

結局、結婚生活も無理だったけど母子家庭も大変だから~、となって婚活する人も居るらしい。

一度失敗したのに、どうしてそうなるのだろう?

真面目で、しっかりした会社に勤めていて、稼いでくれて、お給料を全部預けてくれて、
わずかのお小遣いで我慢してくれて、ギャンブルせず、浮気せず、やさしくて、
別れた夫との間にできた子供をわが子のように愛してくれて、向うの親族にも面倒な人が
いなくて、家事と育児にも協力的。

そんな人に運よく巡り合えてめでたく再婚できる確率は何パーセントくらいだろうか?
初婚の時でさえ、巡り合えなかったのに。

よく地方のお見合い番組で、シングルマザーが出てくるけど、
「子供にパパを」、とか言って子供がパパを必要としているので来ました、みたいな人が
いらっしゃいますが、元夫に面会させればいいではないの。

本当は自分がしんどい毎日から抜け出して新たな幸せを求めているじゃないか?

それはそれでいい出会いがあればいいことなのではっきりそう言えばいいのにと思います。

子供は本当に求めているのは新しいパパなのか本当のお父さんなのか、
それとも今のままお父さんがいないけどお母さんを独占できる質素だけど平穏な暮らしなのか、

お母さんが「新しいパパ」を求めている事を察知して「パパ欲しい」と言うくらいの気遣いは
子供はしているんじゃないかと思う。

新しいパパが出来るという事は、本当のお父さんとの縁が途切れる可能性が高くて、
本気で子供が望んでいるのだろうかと疑問でちょっと残酷。

新しいパパの「愛」を信じて、子供もろともまた全部依存する。

そんななんだかあやふやでよく解らないものを物欲しげにあてにしているより、
自分で立てるように努力した方がよほど確実だと思う。

自分一人でも生活に困らない上で恋愛などもすればいいし、縁があれば再婚も素敵な事だと思いますが、養ってもらうための現実逃避の再婚ならば、あまりお勧めしない。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

フードバンクというものの存在

昨日の夕方ごろのTVで、「フードバンク」という取り組みを特集していました。

企業から出る、不良品や過剰品など市場に流通出来ない食品をフードバンクを介して貧困層に支給するというもので、元はイギリスが発祥ですが、2000年頃から徐々に日本にもやって来ました。

コストコさんも昔からフードバンクやら教会やら施設やら期限切れ間近の商品など、譲ったりしていて、そういった取り組みは地味ですけどいいことだと思います。

TVでは、その貧困層割合が今、子供のいる家庭に多くて、特に給食が出ない夏休みの期間中は子供が家で昼ごはんも食べるので、それで大変なのだそうです。

それでお母さんが自分が食べる分も食べずに、子供に譲ったり。

えっ?給食が出ないくらいで即座に食べるものに困るの?

そんなに困窮している家庭が多いのか・・・。

これは日本か!? それともどこかのアジアの国の話かと思います。

かたや食品の廃棄率が多くて~、っていうニュースも日本の話としてやっているのに。

格差社会とはいえ何とかならないですかね。

一例として取り上げられていた支援を受けていた、あるご家庭ですが、案の定母子家庭で、2年前に離婚。

元夫の借金を払っていて(そんなもん元夫に全部突っ返せ)、娘さんが一人。

パートで生計を立てているがそのパートも9月で解雇されることが決まっており・・・。

みたいな、本当になんとかならんかねぇ、な状態です。

夏休みは、昼ごはんまで自宅なのでお母さんは娘にゆずるのだけど、娘さんもお母さんが自分の分をゆずってくれている状況が解っていて、さぞかし辛いだろうと思います。

でも子供にはお腹いっぱい食べさせたいですよねぇ。

うちの子供はいつもお腹いっぱい過ぎてちょっとぽっちゃりですが。

そんな状態でも犬を飼っていて、そこの部分だけ「え、こんなに困窮しているのにペット飼ってるの」と思ったのですが、その犬は離婚前から飼っていて、娘さんとは家族同様なので手放せないと。 理由が解ると、「そうだよねぇ」と言いたくなる。

そんな中フードバンクの取り組みで、パスタやらなんやら支援があるみたいですっごく助かっていると言っていました。

確かにお金がない時パスタがあれば、なんとかなるよね!

それから、ある食品会社さんが(豆腐メーカー)過剰に作ってしまう豆腐をやはりフードバンクに持ち込んでいました。過剰生産品は処分費用もかかるし、フードバンクが引き取ってくれたら会社もたすかるそうなのです。

その豆腐ですがある児童養護施設に届けられ、おいしそうなマーボ豆腐になっていました。

施設の子供たちが美味しそうに食べていました。

今までは捨てられていた豆腐です。

いい取り組みですね。心が温まるなぁ。

施設もこうやって無料で食料支援を受けられると、学用品とかイベントとか他の事に予算が回せるから、やはりすごい助かるのだそうです。

世の中努力して成功することも大事ですが、努力できるスタート地点にさえ立てない人もやはり大勢いて、貧困に苦しむ人たちをひとくくりに努力が足りないと言って切り捨てる事は出来ません。

食べ物がお腹いっぱい食べられない子供が、明日の食費にも事欠く人が日本にいるのですねぇ。

国家レベルでは難しいですが、目の前の出来る事からちょっとずつやるしかないですね。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ