ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 楽天のR-Cabinet(画像保管場所)が一杯になって・・・ | トップページ | 本末転倒だと思う点 »

フードバンクというものの存在

昨日の夕方ごろのTVで、「フードバンク」という取り組みを特集していました。

企業から出る、不良品や過剰品など市場に流通出来ない食品をフードバンクを介して貧困層に支給するというもので、元はイギリスが発祥ですが、2000年頃から徐々に日本にもやって来ました。

コストコさんも昔からフードバンクやら教会やら施設やら期限切れ間近の商品など、譲ったりしていて、そういった取り組みは地味ですけどいいことだと思います。

TVでは、その貧困層割合が今、子供のいる家庭に多くて、特に給食が出ない夏休みの期間中は子供が家で昼ごはんも食べるので、それで大変なのだそうです。

それでお母さんが自分が食べる分も食べずに、子供に譲ったり。

えっ?給食が出ないくらいで即座に食べるものに困るの?

そんなに困窮している家庭が多いのか・・・。

これは日本か!? それともどこかのアジアの国の話かと思います。

かたや食品の廃棄率が多くて~、っていうニュースも日本の話としてやっているのに。

格差社会とはいえ何とかならないですかね。

一例として取り上げられていた支援を受けていた、あるご家庭ですが、案の定母子家庭で、2年前に離婚。

元夫の借金を払っていて(そんなもん元夫に全部突っ返せ)、娘さんが一人。

パートで生計を立てているがそのパートも9月で解雇されることが決まっており・・・。

みたいな、本当になんとかならんかねぇ、な状態です。

夏休みは、昼ごはんまで自宅なのでお母さんは娘にゆずるのだけど、娘さんもお母さんが自分の分をゆずってくれている状況が解っていて、さぞかし辛いだろうと思います。

でも子供にはお腹いっぱい食べさせたいですよねぇ。

うちの子供はいつもお腹いっぱい過ぎてちょっとぽっちゃりですが。

そんな状態でも犬を飼っていて、そこの部分だけ「え、こんなに困窮しているのにペット飼ってるの」と思ったのですが、その犬は離婚前から飼っていて、娘さんとは家族同様なので手放せないと。 理由が解ると、「そうだよねぇ」と言いたくなる。

そんな中フードバンクの取り組みで、パスタやらなんやら支援があるみたいですっごく助かっていると言っていました。

確かにお金がない時パスタがあれば、なんとかなるよね!

それから、ある食品会社さんが(豆腐メーカー)過剰に作ってしまう豆腐をやはりフードバンクに持ち込んでいました。過剰生産品は処分費用もかかるし、フードバンクが引き取ってくれたら会社もたすかるそうなのです。

その豆腐ですがある児童養護施設に届けられ、おいしそうなマーボ豆腐になっていました。

施設の子供たちが美味しそうに食べていました。

今までは捨てられていた豆腐です。

いい取り組みですね。心が温まるなぁ。

施設もこうやって無料で食料支援を受けられると、学用品とかイベントとか他の事に予算が回せるから、やはりすごい助かるのだそうです。

世の中努力して成功することも大事ですが、努力できるスタート地点にさえ立てない人もやはり大勢いて、貧困に苦しむ人たちをひとくくりに努力が足りないと言って切り捨てる事は出来ません。

食べ物がお腹いっぱい食べられない子供が、明日の食費にも事欠く人が日本にいるのですねぇ。

国家レベルでは難しいですが、目の前の出来る事からちょっとずつやるしかないですね。

イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« 楽天のR-Cabinet(画像保管場所)が一杯になって・・・ | トップページ | 本末転倒だと思う点 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フードバンクというものの存在:

« 楽天のR-Cabinet(画像保管場所)が一杯になって・・・ | トップページ | 本末転倒だと思う点 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ