ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

« 社長失格 僕の会社が潰れた理由 板倉雄一郎著を読みました | トップページ | マジ「鬼畜」やったけん! »

配偶者控除の引き上げニュースについて

配偶者控除の妻の年収を150万円まで引き上げるニュースについて、私は専門家ではないので大雑把な説明になりますが、

そもそも配偶者控除を受ける場合、夫の課税所得(単純な年収じゃないよ)からさらに38万円の控除が受けられるので、本来例えば課税所得分が300万円だったらさらに38万円を控除して、課税所得が262万円になるという仕組みです。

ちなみに上の例の場合、配偶者控除があってもなくても、税率は10%なので、配偶者控除がない場合ざっくり4万円弱所得税が違うということになりますが(税金の計算には本当にさまざまなファクターが作用するのでざっくりです)、これって、月々3200円くらいです。

あまり目の色変えて、「税金が増えるから~。」と言って労働操作するほどの金額ではないかもしれません。

どうせ子供さんを保育園やらに預けて保育料を払っているのなら、いっそ自分の能力への投資、未来への投資と思ってしっかり働いたほうが。。。個人的な意見ですがそう思います。

それより離婚や不倫の横行する昨今、主婦がメインの方もいざとなったら自立できるようにしっかり働いて自分の能力を磨いていたほうがいざという時にプライドを捨てずに生き生きと暮らせるかもしれないと思います。

配偶者の経済力に頼るよりも自分が経済力を持っている方が何かと便利ではあります。

夫は仕事、妻は家庭という分業をした場合、一人で生きていかないといけない状況となった時に、相手を信じて仕事やキャリアを捨てて家庭中心に生きたことを後悔することがあるかもしれません。そのような時には、たいてい配偶者は責任を取ってはくれません。


配偶者控除よりも年収130万円を超えると夫の保険から外れて社会保険に加入しないといけないらしく、私的には同じ低収入でやってくつもりなら社会保険別腹のほうがもったいないね、と思います。

それから、離婚したシングルマザー(私もシングルマザーです)などが、「私は自分で社会保険にも入って、配偶者控除もなくてやっているのにずるい」という意見もあるようですが、シングルマザーには寡婦控除27万円(特定の寡婦なら35万円)という控除があるので、まぁ配偶者控除と同じくらいの恩恵はあると言えるのではないでしょうか?
寡婦は控除以外にも、所得によりますが母子家庭手当もあり、医療費も保育園の保育料も恵まれており、離別の場合には法的には養育費だって請求できるので、配偶者控除ずるいと言い出すと反論されるかもしれません。

誰だって正直言うと税金は払いたくないですが、税金をいかに払わないですますか、が判断の主眼になってしまうと、やや本末転倒に思います。

夫の働きが認められて年収がガバっと上がれば所得税はガバっとあがってますが、でもそれは嬉しいことですよね。


目先の「無用な税金払いたくない」を見るか「多少税金払っても自分の爪を磨いておくか」、将来的に長い人生を考えたときにはどちらが得でしょうか。


イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 一ノ瀬 知美

« 社長失格 僕の会社が潰れた理由 板倉雄一郎著を読みました | トップページ | マジ「鬼畜」やったけん! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 配偶者控除の引き上げニュースについて:

« 社長失格 僕の会社が潰れた理由 板倉雄一郎著を読みました | トップページ | マジ「鬼畜」やったけん! »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ