ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

久々に母校をあるいて感じたこと

昨日思いがけず、母校(大学)を歩く機会がありました。

懐かしいばかりの思いでしたが、今や当時大学生だった自分自身が子供を大学にやろうという年代に入り、時代の移り変りを感じます。

当時のことを思い返してみると、自分が勉強して成績がそこそこ良いのだから、親としてはやはり学力に見合って大学に行かせてくれることが、当然とは言わないまでも、

子供としてのそういった甘えがあったように思います。

しかし、私の両親には学歴もなく、経済力もなく、もちろん世に名の通った会社に勤めているわけでもなく、下請けの自営業で、母はパートで共働きでしたから

そんな両親にとって私を四年間私立の大学に通わせるのは相当に大変だったろうなぁと今になって思います。

おまけに私よりさらに頭の良かった兄は地元の国立大学に入り、当初の2年間は二人分の学費がかかっていたこと、

私が兄ほど頭が良ければ国立で済んだかもというのは思ったでしょうから、私の進学は当時、本当に大きなお荷物でしかなかったと思います。

私の進学した大学の学部も地元ではそれなりに認められているのだと親が知ったのはずっと後になってからのことです。

だから大学進学なんていうのは自分の実力で入ったのだと思ったら大間違い。

出資してくれた親の犠牲があったからなのだと感謝しなくてはいけません。

母親は特に私の進学を大変負担に思っていると思っていたけど、卒業して就職してアメリカやカナダによく出張に行くようになった頃、出張先から出したハガキをパート先の仲間に自慢していた話を人づてに聞いて、少しだけ、大学に行って良かったんだと許された思いがしました。

会社での長期雇用などがあてにならない現在、学歴がなんぼのもんだという意見もあるし、実際になんぼのもんだという職種に私も今いますけど、

学歴は子供に与えられた小さな剣と盾だと思います。

親が与えてあげれるのは本当に小さな剣と盾だけれど、それを磨いて本人の責任で世の中と戦っていくのです。

もちろんそんなもの役に立たない場面も沢山あるけど、丸腰よりは有利で、

やはり時々のタイミングでピンチの時にそれが私を守ってくれたことが何度かありました。

今もそのおかげで飯が食えているという感じでもあります。

何事も、現在の仕事のことも何もかも、自分ひとりの頑張りなのだ、などという思い違いをしてはいけない。

リラックスさせてくれる友達や子供、もちろん一緒に頑張ってくれるスタッフの皆さん、お取引先やお客様の何もかも。

そういった存在をありがたいことだと思います。

久々に芥川龍之介の「羅生門」を読んだ!

教科書も高校生くらいになると、なかなか読みごたえのある作品が載っていますね。

英単語のレベルもかなり高度化しており、「資本」「設立」などなど、学生さん達、日本語の意味解ってるんかいな?という言葉も多々出てきます。 

子供が「羅生門」を授業で習って芥川龍之介が面白いと思った、とかいうので、

「うん、芥川は深いよね。いろんなことを示唆しているんだよ。」などと大人の会話が出来るようになりました。

それで、教科書を読ませてもらい、「羅生門」再読。

あ~、このあっけない終わり方、芥川風味満載。

ところで、「芥川」という苗字かっこいいですが、本名だそうです。

私は現在大崎と名乗っていますが、本来「一ノ瀬」という、日本語としてはちょっとかっこいい(?)苗字ではありますが、「Ichi nose」英語にすると「itchy nose(かゆい鼻)」とほぼ同じ音になってしまい、英語バージョンでは変な苗字です。

それはさておき、久々に読むとやっぱ羅生門、面白いですね。

老婆が一本一本死人の女の人の髪を抜いているところが私的にはツボです。

(カミソリとかないのか!?)

人の髪を一本一本抜いてかつらにして売ろうとか、こんな非生産的な事をしているから国中飢饉になるのだよ、と言いたくなってしまいます。

映画の「羅生門」は何故か「藪の中」が原作になっていますが、「藪の中」も好きですね。

同じ出来事について話しているのに、3者3様、それぞれちょっとずつ都合のいいように記憶していて、人間の本質的なものをよく表していますね。

なんか松本智津夫(麻原彰晃)の尊師ソング、

「わ~た~し~はけぇっぱくだ~ や~ってな~い~」※これ知ってる人絶対40歳以上。

っていうメロディーが頭に浮かぶような、(どんな人にも自分なりの言い分があるのね)って感じの「藪の中」です。


イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 大崎 知美

努力している人の上には努力していない人がいる。

最近気づいたことです。

自分とは全く異なる分野の専門家とか、自分が苦手とする分野に詳しい人とか。

例えば私から見ると物理や数学が得意な人。


そういう人はきっとものすごく努力をしてきたんだろうなぁ、と思いますが、そうではない事に気が付きました。

ある分野にものすごく秀でている人は、だいたい努力をしていません。

ただその分野に本人がとても興味があって、単純に好きなのです。


やや秀でている人は努力をしています。

だから、世の中には、ピラミッドの底辺に、

「沢山の努力していない人」がいて、

その上に

「努力する人」がいるのですが、

そのさらに上には、

「少数の努力していない人」がいます。


底辺にいる沢山の努力していない人は本当に何もしていなくて、

頂上に居る少数の努力していない人は、客観的に見るとすさまじい努力をしているのですが、本人は好きなことに夢中になっているだけで別に「努力」していないのです。

そういう分野を職業にしてしまうと、元々興味があって得意な上に、ノウハウと経験が蓄積されて最強になりますね。


イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長 大崎 知美

マクラーレンヴォロー Maclaren Volo 2006年モデル4色入荷!

こんにちは。イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長の大崎 知美です。

お待たせしました、人気のマクラーレンベビーカー ヴォロー (Maclaren Volo)が入荷いたしました。 

カラーは4色!

ターコイズ Turcois_1

シトラスレモン

Remon

サフロンオレンジ Orenji

サーモンピンク Pink

マクラーレンのカラーバリエーションの中でも、日本ではあまり見られない明るいカラーです。 コンパクトで超軽量なのもママには大助かりです。

各カラー、5台ずつの限定入荷となっておりますので、お求めの際はお早めにお願い致します。(^-^)

お値段は、送料無料の「税込 21,500円」となっております。

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ