ecorecorpのtwitter

最近のトラックバック

仮の姿

こんにちは。 イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長の大崎 知美です。

日本で一番歌がうまい歌手(現役のみ)。

、というといろんなご意見が出そうですが、

私はやっぱり「和田アキ子さんに一票」ですね。

あんだけマイク話して歌っていてあのパワーと声量(何かの歌でマイクを使ってないときもありました!)。 音程も(もちろんですが)しっかりしているし、上手なだけでなく歌の表現力も超一流だと思います。

「古い日記」(「あの頃は~ハッ!」ってマネされてる歌)とか絶対他の歌手はカバーできないと思います。

(個人的には「だってしょうがないじゃない」、が一番好きです、どこかで歌ってくれないかしら。)

年を経て皮膚やたたずまいも年齢を重ねて来られましたが、普通の歌手なら「年取ったな」って思ってしまいそうですが、和田アキ子さんは加齢とともにますますいい顔になって、歌に人生と哀愁を感じ、加齢が一種の味わいとなってさらに良くなってます。(歌っているときですよ。)

これだけ歌が上手なのだから「ソウルシンガー」としてだけやってて欲しいと、

和田アキ子さんがスパンコールのロングドレスでスポットライトの中、圧倒的な存在感で歌ってる姿が好きなので、

バラエティの司会や芸能界のドン的なキャラは、「シンガー和田アキ子さんのファン」としてはとても微妙な気持ちがしていました。

ところが、

たまたま見かけたwikipediaで、和田アキ子さんも一時期「ゴッドねぇちゃん」的なイメージが固まってしまう事を嫌い、本当は歌手なので歌手一本で、ってやろうとした時期があったようなのです。

wikiの情報なので実際のご本人の意向とはまた違うのかも知れませんが、

その時期に低迷したと書かれてあり、そして「アッコにおまかせ」というバラエティで復活。

ここからは私の勝手な解釈ですが、

本当はシンガーである事が重要なんだけれど、

それだけだと露出も減るし、そうなるとシンガーとしてもやっていくのが難しくなるのは一番困るから、バラエティやメディアが期待する役割を演じたりしているのかな、

と思ったりしました。

私も自分で本当にやりたいことをやるために遠回りして一見不要っぽいそれ以外のことを沢山やったりしますもんね。 まぁ、私には何の才能もないですが。。。

それにしても「アッコにおまかせ」で、途中で1曲だけでも歌ってもらえたら嬉しいです。 なんか昔のバラエティって途中で歌手の歌のコーナーがありましたよね。 もちろんその時は共演者が後ろに立ってるとかなしで、歌専用の衣装とスタジオで。 あんなに上手なのに歌わないのはもったいない。

三菱signoの水性ボールペンが好き!

こんにちは。 イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長の大崎 知美です。

Index_ph02

三菱signoのボールペン(0.5mm)を長年愛用しています。

似たような他社製品や径の違うものなどいろいろ試しては見ましたが、

書き心地

文字の美しさ

signoがダントツです。

私は直筆の文字が汚いのですがそれでもsignoで書くとそれなりに格好がつくのです。

お値段は、多分定価105円、店によっては84円で売っています。

少し前にセレブ系のご年配の方から、おススメのペンを聞かれて、

正直にsignoと答えたら、会話がそこで終了した事がありました。

その方は、多分、

「あっそう、いや僕はね。。。」という感じで超高級なクロスの万年筆自慢あたりに話を運びたかったのだろうと思うのですが、その気配はおススメのペンを聞かれたあたりから解っては射たのですが、

でも私にとってはsigno 0.5mmが一番です!

博多人形について

こんにちは。 イーコレYahooストアイーコレ楽天市場 店長の大崎 知美です。

福岡の伝統文化、博多人形がイーコレの事務所にやってきました。

0409_023_1

「博多人形」というと、美人もの、黒田武士などを思い浮かべる方が多いのではないかと思います。

私もその一人でした。

でも、例えばこんな人形も博多人形なのです。

私の手を一緒に撮影しましたが、このミニっぷり、解りますか? かわいすぎです!!!

そのまま動き出しそうな写実的な人形もあるし、全く新しい感覚の人形もあります。

博多人形はかつて、浮世絵や日本茶が海外でひっぱりだこだったように異文化の人たちからも高く評価され、沢山の博多人形たちが海を渡って外国に行ったそうです。

鎖国をしていて外国との文明には乗り遅れた日本ですが、世界に誇れる芸術品が沢山ありました。

歴史のロマンを感じますね。

外国の人が浮世絵や人形のようなものを見たときには、「ここがこういう風にいい」っていう理屈ではなく、

「がぁぁーーん!」

「なんやこれーーーーー!」

と頭(心?)を打たれる魔力に取り付かれたような感覚なのではないでしょうか?(でもこれって日本人とか外国人とか関係なく、「いいもん見た」時はみんなそうですよね。)

※「博多人形について」は、シリーズとしてブログでご紹介させていただきます。

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ